スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
モト寄名人其の三
三回にわたって引っ張ってしまった、竹鶴生モト事件ですが、
今回で御報告を終了できるのでしょうか?

何と、11月18日の初モト摺りからたった五日後の23日に何と待望のモト寄が・・・!
この日は、連休の真ん中なので、「いぶしぎん」は営業なのですが、
早起き?してまたまた見学に、(女房は呆れてました!)

前回は、私以外に岩手のカワユイ、山口しぇんしぇい様がお見えになっていたのですが、
今回は、(二升ガールズ)の綺麗な・・・・様(私はこの日、惚れてしまいました)
関西の紳士の・・・様が来られてました、
昨晩は、どれ位飲んでいらっしたのやら? お疲れ様です、

残念ながらこの日まで、モト摺り名人様(桜本さん)は名人芸を封印なさっていらっしゃるらしく、
未だ誰もその鋭い切れ味の必殺技を見ることが出来ていないと言う事で、
ひょっとして、今日も・・・?私の中に一抹の不安を抱えながらの見学になりました、

でも、その前に、
酒母が4本御座いましたのでちらっとそちらを・・
竹鶴大和65%11・23仕込
こちらはこの日の朝(11月23日)に仕込んだ、大和雄町65%701号
まだ蒸した米の香りだけで荒櫂を入れる前の綺麗なままです、
これが今からあの美味しい酒に変わるなんて・・・?
竹鶴八反5011・15仕込
これは、11月15日の仕込み八反50%7号
泡が落ちて、タンクの周りに付いています、(この後杜氏が綺麗になさっていました)
バナナミルクのような甘い香りが漂っていました、
他のモトは一旦置いといて、

この日は暖気樽が速醸モトと生モトと一本づつ入っていました、
暖気肌(何故だかダキハダと読みます)
杜氏の御好意により、暖気肌の触り心地を比べさせていただきました、
先ず速醸モトから、
竹鶴早醸暖気肌
照りが有り、ツルリとした感じ(片栗で溶いたスープみたいな?)



そして生モトは?
竹鶴生#37211;暖気肌
表面が直ぐに乾く感じ、触っても暖気樽に触ることが出来ず、重たい感じでした、
同じ様に見えても、全く異なった触感です。

で?   肝心のモト寄は?
#37211;寄竹鶴
#37211;寄竹鶴なだれ
四枚の半切桶を二人で持ち上げ、一つのタンクに合わせて行きます、
この作業の中のどこら辺に名人芸が隠れているのか?

一枚また一枚と作業は粛々と進んで行き、残すは最後の一枚だけになってしまいました、
(今日も名人芸は見られないのか・・・)
と誰もが諦めかかっていたその時です!!
#37211;摺り竹鶴名人の技炸裂前!
遂に名人のあの技が炸裂!!相方の村上さんも腰砕に・・・・!
私はその瞬間を見逃さなかったのですが、後のお二人は・・・・?
見ていませんでした、残念!

で?どんな技かって?
それは、私のような文書力の無い者はとても表現出来ませんので、今度気が向いた時にでも
身振り手振りでお伝えしたいと思います。

そして、名人の技の素晴らしさを目の当たりにした興奮も冷めない内に
皆で楽しくお弁当を食べました、
そして、食べ終えた其の後、杜氏から興味深いお話がありました、
そのお話とは、「酒造りは正に子作りであることを証明出来る資料を発見した!」
と言うことです、その資料とは、(日本山海名産図会)なる物でした、
その中には確かに驚くべき事実がハッキリと書いてありました・・・が、
この事はまだ誰にも言わないでと硬く口止めされたので・・・・言わない!


スポンサーサイト
2008/11/27(Thu) | 日本酒 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
モト寄名人其の二!
前回までのアラスジ・・・

なぁんて、めんどくさいからしませんよぉ~!

竹鶴酒造のモト摺り、一番と二番では、味が微妙に違います、
杜氏に伺うと、酵素の影響が違うので味も変わるのだそうです、
たった数時間でこのように味に違いが出るなんて、面白い!
残念ながらこの日は平日だったので、2番櫂までしか見学出来ませんでした、
この後、18時から三番櫂が有るのだけれど、お店があるので、
泣く泣く広島へ・・・・!

そして帰り際、杜氏から、
「実は明日モト寄があるんですが、そこでモト寄名人の技が見られるかも知れませんよ!」
などと囁かれてしまいまして!
杜氏に幾たびか伺ったのですが、「とても口では説明出来ないので・・・」だって!
帰りの車の中でモト寄の技って一体全体どのような技だろう?
流石に二日続けての見学は出来ず、広島へ帰ってもモト寄への妄想が頭の中をグルグルと・・・
これでは、寝ている時以外は眠れません!(当たり前じゃ!)
と!言うことで第二回目の竹鶴モト寄には必ず見に行く事を誓ったブーマスターなのでした・・・!

続く!


2008/11/26(Wed) | 日本酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
モト寄名人其の一!
一度は見学したかった竹鶴酒造のモト摺りですが、11月18日(火)午前10時30分に御座いました、
酒母は何度も見せていただいているのですが、肝心のモト摺りは、残念ながらまだ見たことが・・・・

と!言う訳で、張り切って、早起き?いたしまして、やって来ました、竹原の町並み保存地区に!
朝はあいにくの空模様でしたが、竹原に近づくにつれ、雲は切れ、お天道様も出て来ていただき、
絶好のモト摺り日和?になりました、
(日頃の行いは良くないけれど、何故だかいつもお天気オヤジさ!!)
竹鶴酒造前
早速、蔵の中へ・・・
竹鶴#37211;場
いつでもピカピカの竹鶴の蔵の中なのですが、特に、もと場は、明るくて衛生的、
奥に有る半切り桶が、今回の主役です、
初めて見るモト摺りに何故だか少し緊張しちまったぜ!?(うそ)
一枚の桶に二人で規則正しく櫂を入れて行きます、右と左を交差させながら、交互に、
しかも、モト摺り野郎自身、時計回りに回転しながら、一回三分を二回づつ!
二人に息が合わないと上手くいきません、
竹鶴#37211;摺り前
モト摺り前、まだお米の一粒ひとつぶがハッキリと見えます、
この綺麗なお米を四人がかりで潰してゆくのです、
竹鶴#37211;摺り3
最初は「これで摺り潰せるのだろうか?」と思っていたのですが、
息の合った二人の櫂によって、
まるで魔法をかけられたみたいに、お米は見る見る形を変えてゆきます。
一番摺りの後
一番櫂を入れた後は何だか、
真新しいシーツを、寝相の悪い私に一晩かけ、くしゃくしゃにされた様になってしまいました、
綺麗好き石川杜氏
そんなくしゃくしゃのお米の表面を綺麗に!
一番櫂も無事終わり、二番櫂は午後二時半から、
それまでしばし休憩!
お昼は竹鶴酒造の目の前の美味しいお蕎麦屋さん「遊山」さんへ・・
おそば遊山
暖簾をかき分け中へ入ると、そこには、竹鶴社長が・・・ちゃっかり御馳走になってしまいました、
「竹鶴社長御馳走様でした」
それで?何食べたのかって?
それはね、これさ!
遊山の蕎麦と天丼
温かいお蕎麦と天丼!!どちらも旨かったぁ!
そして休憩も終わり、二番櫂へと、
今度は何と!私にもやらせて下さると相成りまして、
いよいよ本当に緊張、マジ!
そして三分燗の戦いのゴングが!
#37211;摺りオヤジ
何だかヘッピリ腰、最初お相手の藤原さんとの呼吸を合わせるのに一苦労でした、
そして、気が付くといつの間にやら三分経っていました、
これに気を良くして、もう二回やらせて頂いたのですが、
今度の三分燗はとても長くて、腕は辛いし・・・
「こりぁあ大変な作業だぁ」なんて感じました、つづく・・・!

 
      
 


                              えっ!
タイトルの「モト寄名人」ってなんじゃぁ?  ですか?
そいつは、其の二でも教えてあげないもんね、多分!





2008/11/24(Mon) | 日本酒 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
酒都西條で超鮫(チョウザメ)
先日の楽しい出来事です、
西條のダメ酒?専門店の掛井様から、少し早い忘年会のお誘いが御座いました、
私達夫婦は揃って参加させていただきました、
お料理一品を持ち寄ってお酒は、酒屋さんなので売るほど御座います(ダメな?酒ばかり?)

実は、今回この冬にチョウザメ鍋をお客様に楽しんでいただこうと計画していまして、
その、実験の場として利用させていただきました、

お昼に私達は到着!
少し天候は怪しかったのですが、雨も降らず、寒くも無くてとても良い鍋日和でした、
そして、乾杯!当然のように日本酒で・・・
冷たいお酒も最初に乾杯した一杯だけで、後は永遠と煮酒でした!
(いつものことですけどねぇ)
掛井さん忘年会乾杯1


掛井さん忘年会乾杯2

掛井さんお料理3
掛井さん忘年会のお料理1
掛井さん忘年会のお料理2
穴子の天婦羅や、野菜のカレー風味のマリネ、黒枝豆(熟成?)、しめ鯖などなど・・・・!
どのお料理も大変美味しく酒に良く相いますから、当然お酒も進みます、

皆様のお腹も落ち着いて来た所で、チョウザメ鍋へ・・・!
先ずは、寄せ鍋風をポン酢で食べていただきました、
チョウザメ鍋水炊き
軟骨はポリポリと身と皮の間はゼラチン質でトロトロのつるつる、
身はプリプリ、お味の方は?臭みも無くて以外にあっさりです、
ポン酢との相性も中々良くて、もう少し工夫すれば皆様にお出しすることが出来そう、
そして、第二段は、土手鍋に・・・
チョウザメ鍋土手鍋2
寒い日はこちらの方が良いかも知れない!
しかしこちらも改善の余地有り!もう一回、何処かで実験が必要ですね、
今の所、チョウザメ鍋は、前半、水炊き、後半土手鍋を楽しんでいただこうかと考えてます。

お昼から始まった忘年会も楽しく美味しく、あっ!と言う間に時間は夜中に・・・
実は何時にお暇したのか?わからない!
掛井さん忘年会参加者
集合写真を写した、カメラも酔っ払っていたのか?ボケボケの写真に・・・・
やっぱり持ち主に似ているのでしょうか?

本当に楽しかった!

お誘い下さった、掛井様、後片付けもしないで遅くまで居座り、申し訳御座いませんでした、
反省していますが、きっと又、同じあやまちを繰り返す事でしょう!
でも又、誘って下さい。



2008/11/21(Fri) | 面白い出来事! | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
今年も始まりました、
今年も、始まりました、お酒の仕込みが、
勿論、私が仕込むのでは御座いませんよ!酒蔵さん達が仕込みます、
寝る暇も惜しんで、休みも無く、美味しいお酒を、醸して下さってます、

と!言う事で、私も始まりました、

え!  何が始まったのか?

見学ですよ、勿論、邪魔しないように、おりこうさんにしています・・・・  多分!

今年の見学第一弾は、船越の本洲一(梅田酒造さん)です、
何故なら、このような気合の入った葉書が、届いた物ですから!

土居杜氏の葉書
水曜日(市場がお休みで仕入れが無かった)朝早く起き行って来ました、

まだ、完全には稼動していませんが、
蔵人も杜氏もピリピリとした緊張感を漂わせていました、

主に燗酒を売っている「いぶしぎん」ですが、
唯一、冷酒で飲んで頂いているのが本洲一です。

この日の作業は、
ヤブタ(酒を搾る機械)の準備をしていました、
本洲一ヤブタ
土居杜氏の指導の下、蔵人さん達がテキパキと作業をこなしていらっしゃいました。
1時間余り土居杜氏とお話をして、蔵を後にしたのですが、
やはり、造りに入ったら、皆様、雰囲気が全く違い頼もしい限りです、
そして、最後、杜氏にお願いして、こんな一枚を撮らせていただきました、
本洲一土居杜氏
最近、カメラを向けても照れなくなった土居杜氏と酒樽の蓋や底板に彫った土居杜氏の看板です、

そう言えば、最近色んな場所でチラホラと見かけます、

土居杜氏、蔵人の皆様、お邪魔いたしました。

2008/11/15(Sat) | 日本酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
川蟹とむかごご飯!
新屋さんの畑では、自然薯も植えてあります、(植えて有るから山芋です)
その芋のツルにはムカゴが沢山なっています、
そのムカゴを沢山いただきました、
新屋さんムカゴ
こんな感じでぶら下がっています、少しの振動でパラパラと落ちてゆきます、
だから下に敷物をしてゆすって落とします、
むかご
パチンコの玉の前後位の大きさです、
沢山いただいたのでムカゴご飯にしてみました、
むかごご飯
むかごご飯2
鍋で炊いたので、少しお焦げが出来てとても良い感じに・・・!
ムカゴご飯を食べながらフッと思ったのですが、
魚介でご飯を炊いたときは○○メシになりますが、
植物(キノコや栗)でご飯を炊いた場合は○○ゴハンと言うのは何故でしょうか??
例えば、栗ごはん、松茸ごはん、豆ごはん、など植物はごはんですよね、
でもね、牡蠣めし、鮎めし、蟹めし、蛸めし、など魚介はめし
何でかなぁ??
まあどうだって良いけれど、

それから、太田川で蟹も獲って下さっていますが、年々獲れる数少なくなっています、
夏の鮎も同じですが・・・・鮎や蟹は何処に行ったのでしょうか?
このままでは、食べられなくなる日が来そうで、心配です!

その貴重な川蟹の今からが美味しい季節です、
この間から時々蟹も頂いています、
20年川蟹
早速、召し上がって下さった方が・・・・!
思い出せば、鮎の時もこのお方だったような気がしますが・・・
蟹と福田さん
赤い○の中に蟹が有ります、
酒蒸にしてみました、
しっかりと味噌も入っていて、とても美味しそうでした、
写真の被写体の男性、鮎の時にも・・・・・?
今回も出演いただき、有り難う御座います。
2008/11/08(Sat) | 美味しい食べ物 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
無農薬って・・・・!
『いぶしぎん』は今の時点で、三軒の農家さんにお世話になっています、
三軒とも農薬を使いません、(どうしようもない時は?解りませんけれど)
多分、殆ど使いません、

今日は、安佐北区の可部で野菜を作って下さっている、新屋さんを勝手に紹介します、
新屋さんは、夏は鮎や鯰などの川魚を、秋には川蟹(ズガニ)を獲って下さいます。
20年川蟹

畑に農薬を使わないと、こんな事が時々?起こります、
新屋さん無農薬の畑
せっかく芽を出したほうれん草が一夜にしてこんな(上の写真)事になります、

私も、春~夏にかけて、ピーマンやジャガイモや大葉など栽培していますが、
芽が出て来ても虫にやられる事が良く有ります、
小さな畑でもとても厄介です、本当に小さな虫達が群がり葉っぱや茎までかじっているのを
目の当たりにすると、殺虫剤を撒き散らしたくなります、
下に新聞等を敷いてふるって落として包んで捨てたり、
木作酢を薄めて霧吹きで降りかけたりするのですが、明くる日には又やって来ています、
トマトなどは、収穫する直前に鳥についばまれたり、(しかも一口?づつ、)
雑草などは我が物顔ではびこります、抜いても、抜いても生えてきます、
抜かないでおくとそれに虫がやって来たりと・・・・
これが、大きな畑に起きることを考えたら、
私ならきっと、やってられない気分になると思います、

そして、彼らから頂く野菜を使う事は、安心なのですが、洗うと色んな虫が出て来ます、
わりと大変です、でも、とても美味しい野菜達です、

虫食い広島菜
これは、間引いた広島菜ですが、穴だらけです、
でも、胡麻和えにすると穴が開いていた事は解らなくなります、
虫食い広島菜胡麻和え
新屋さん牛蒡堀
これは牛蒡ですが、葉っぱはやっぱり虫食いの穴が沢山!
でも牛蒡はとても良い香りがして美味しいのです、
新屋さん牛蒡
そんな食材を使えることは、大変有り難いことと思います、

何かを育てそして収穫する事は、楽しいのですが、
本当に骨の折れる仕事です、感謝して使わせていただかないと!












2008/11/07(Fri) | 美味しい食べ物 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
超かっちょえぇ~!
前回の続きですけれど・・・!

気になっていらっしゃる方はいらっしゃらないと思いますけれど・・・・!

私が一番気になるので、書かせて下さい!

美和桜の金尾杜氏がくださった素晴らしい物とは・・・・

                一体・・・・・?


ジャァ~ン!




これは一体?


これでぇ~す!

このカッチョエェ風呂敷?



・・・・じゃなくって!


これどぇ~す!
これは一体?2

風呂敷を開けてみたら?


何と!カッチョエェ紙が・・・・・??



ありゃぁ?何やら書いて有るみたい!

名前が書いてある!


いぶしぎん  って書いてある?

きっと美味しい食べ物に違いない!!

皆で分けて食べよう!

金尾木工

金尾木工??



どうやら、食べ物では無いみたい!


じゃぁ何でしょうか??

特製杉制看板


こ、これは、一体・・・・?



何でしょう・・・?


紙を外すと?


             こんな素敵な看板が・・・・・・・!!!!


                  ブチうれしぃ!



                  何処に飾ろう?!


                  明日考えよう・・・・・!


                               


                                   ・・・・・・・・・・・・続く!




 

うそ!        見せびらかしたい!


             だから、見て下さい!


                 もう、勿体つけませんから・・・・・!

では!御開帳でぇ~す!!

広島煮酒倶楽部の看板!!

広島煮酒倶楽部!
 
今度の看板は、ベンガラ塗りです!

透かしの文字もさりげなく有ります!
看板と金尾杜氏
金尾杜氏 有り難う御座います、
私がお嫁に行くときも必ず持って行きます!

皆様ご覧頂けましたか?

えぇでしょう?
欲しいでしょう?
うらやましいでしょう?

あげないよ!

見るだけだよ!

触ってもだめだよ!

僕の看板だからね!

結局こんな場所に掛けてみました!
広島煮酒倶楽部看板
金尾杜氏の造って下さった、酒林の下へ!

明日からもどんどんお酒を煮ぃよおっと!

お忙しい中こんな素晴らしい看板を造って下さり、
大感激です、
本当に感謝です、大切にします、
有り難う御座います。



今回の蕎麦の会も鯨飲亭馬笑九さんの落語が有りました!
今回は、『目黒の秋刀魚』
中々の熱演で楽しめました、
馬笑九師匠
馬笑九師匠お疲れ様でした。

御参加下さった皆様、皆様のお陰で、
美味しくって楽しい蕎麦の会を開く事が出来ました、
又、来年も佐川様に蕎麦のお願いをしたいと思っています、
是非、細く長いお付き合いをお願いいたします。

佐川様、宜しければまた、お願いします。








2008/11/05(Wed) | 楽しい企画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
打ちたては最高!!
恒例になっています、『いぶしぎん』で豊平の蕎麦打ち名人佐川様の新蕎麦打ちたてを楽しむ会!
因みに佐川様は、豊平流蕎麦打で、あの達磨、高橋名人から四段の認定を頂いていらっしゃる名人です、

しかも今回は、美和桜酒造の金尾杜氏と純米の燗で・・・!
なんて贅沢な休日の過ごし方でしょうか?
そんな幸せになれる会に御参加いただいた方は総勢20名!
その中には、はるばる東京から駆けつけて下さった有り難くて懐かしい方もいらっしゃって、
嬉しい限りです。
しっかり、バッチリ新蕎麦を楽しんでいただきました!
途中で、馬笑九様の楽しい落語まで有ったりして・・・・!?


先ず、皆様がお見えになる前に四回ほど蕎麦を打っていただきました、
先ずは、蕎麦粉8に小麦粉2を篩って、
蕎麦粉ふるう
すでに、この段階で良い香りが・・・!

そして、良く混ぜ合わせます、
蕎麦混ぜる


お水を入れて、
蕎麦水入れる

いよいよ、こねます、
蕎麦こねる
捏ねていると段々、生地にツヤが出てとても綺麗です、


こね終わると今度は、生地をのばします、
最初は、手の平で押さえながら、丸くのばします、
蕎麦のばす


適当な厚さにのびると麺棒でのばしていきます、
使う麺棒は三本、この三本の麺棒を匠に使って蕎麦生地は形を変えてゆきます、
蕎麦麺棒でのばす2


まるで魔法のように、薄く均等にしかも板と同じ位の大きさにのびていきます、
蕎麦広げる2


長さを揃えて粉をふって・・・いよいよ見慣れた蕎麦の姿に変身です、
蕎麦切る前


板を使い、同じ幅で、あっ!と言う間に蕎麦へと切られてしまいました! おみごと!!
蕎麦切る
蕎麦切りました


最後の一回は、皆様の前で蕎麦を打って下さいました、
蕎麦を切っている所を見学している皆様
皆様とても熱心に見入っていらっしゃいました、
何度見ても面白い作業ですが、
佐川様にとっては、重労働だと思います。(何度も打っていただき有り難う御座いました、)

そして、お楽しみは、蕎麦だけでは御座いません、
そば前のお料理も大変素晴らしく、乾杯後は、当分このお料理と美和桜をしっかり楽しみました。
そば前の料理

豊平で採れた茸や、茄子、この他に煮しめ、串揚げも有り、蕎麦の前お腹が一杯になりそうでした、

この他のお料理は食べる事と、飲む事が大変忙しいため、写真を撮る暇は有りませんでした。

参考までに、この日呑んだお酒は、一升瓶で9本、
その内2本は蔵元の坂田様から、と金尾杜氏からの差し入れでした、
坂田様、金尾杜氏御馳走様でした、
当然のように、どれも燗酒にしていただきました、
金尾杜氏がこっそり持ってきて下さったのは(山廃生の熟成!)でした、でもまだ若くピチピチ!
美和桜9本



そしてお待ちかねの蕎麦が登場、皆様、ザルを二枚は召し上がった事と思います、
中には三枚食べられた幸運な方もいらっしゃるかと思います、
蕎麦と美女
美味しそうな蕎麦でしょ!引き立ての新蕎麦を打ちたてで、食べられるなんて、
蕎麦好きには、たまらない出来事でした、
勿論、おつゆでも旨いのですが、
岩塩を削って、少しだけかけて香りを楽しんでいらっしゃる方も・・・・!
マネをしたら、これがイケルのです、酒に合うのです、
塩蕎麦

また、来年のこの時期に新蕎麦を食べれたら良いなぁ~!
佐川様、豊平から朝早く来て下さって、美味しい蕎麦や、お料理を有り難う御座いました、
皆様に挨拶する佐川さん


実は、この日、
金尾杜氏から、とても素晴らしい贈り物を頂きました、が・・・・・今日はこの辺で・・・
続きは、また今度?










2008/11/04(Tue) | 楽しい企画 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。