スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
西條鶴!
西條鶴伊野本様のお誘いで、蔵見学をさせていただきました、
個人的に、宮地杜氏の醸すお酒に興味がありましたので、楽しみにしていました、
西條鶴入り口
早速、蔵の方へ、
最初は、甑(酒米を蒸す設備)
この蔵では、重油のバーナーで和釜に熱を加え、木製の甑に入った酒米を蒸す、
昔の設備でした、
下からの順番で写真を載せますね、
重油バーナー
これが、重油と酸素を混ぜる?機械です、私も始めて拝見させていただきました、
狭い空間に二台の機械が並んでいて、重油の臭いが立ち込めていました、
毎朝これに火を入れお湯を沸かします、
この上に和釜が有ります、
和釜
蓋が有ります、更に釜の上へ甑を置きグラグラと蒸してゆくのです。
木製甑
そうやって、蒸上げた、米は、温度を下げて、醪の中へ(掛米用)と室(ムロ)へ(糀米用)に振り分けられて行きます、
寒い冬、蔵の中で真夏を感じられる場所が有ります、
そこが室です、室の中の気温は35℃位と猛暑です、
室
西條鶴さんの室は、新しく、しかも二部屋に別れていて、引き込む部屋と糀を育てる部屋が有りました
甑は旧式でも、室は新しくパネルヒーターや殺菌灯、床から部屋を温める、名前忘れました、
等など、
因みに箱でした、杜氏さんは徐々に蓋でやって行きたいとおっしゃっていました、
解説していたら長くなるので又、今度に・・・・・
杜氏曰く「少しづつ、蓋を修理して使えるようにしたいなぁ」

そして、常夏の室から追い出され、いよいよお酒に生まれ変わる前に、
温度を下げられている糀米を発見!
路地放冷
ほのかに、焼き栗の香り、優しい甘味がしました、

酒母室を見学して、溢れんばかりのモコモコの泡!
泡有りの酵母は、元気良く、もう少しで土俵から出そうな勢い!
ギリギリ高泡危ない危ない!

そして、仕込み蔵を見学して、無事終了!
三矢サイダーのような甘い香りが立ちこめていました。
伊野本さんと宮地杜氏
お忙しい最中にお邪魔したにも関わらず、親切に案内して下さった、伊野本様宮地杜氏、
有り難う御座いました、
きっと美味しいお酒が出来ますよ、楽しみにしています。





スポンサーサイト
2009/02/24(Tue) | 日本酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
瑞穂の玉櫻!
蔵見学バスの旅、今年は、島根県の玉櫻へ!
朝8時半出発!10じ少し前に無事到着、早速蔵へ、と思いきや、
先ず、蔵の台所で、温かいお茶をいただきました、この日は暖かかったのですが、
瑞穂はまだ雪がたっぷり残ってまして、とても嬉しいお持て成しでした、
玉櫻台所?
社長さん御夫妻、杜氏さん、今酒造りを熱心に学ばれている、御長男さんの挨拶の後、
蔵の方へ、
桜尾さん
写真は桜尾さん(御子息様)手に持っていらっしゃるのは、酒林の芯です、
酒林
そして、これが酒林です、今は美しく青々としていますが、
お酒が熟成し旨くなる頃は、味のある枯れた色になり、それはそれで渋くて個人的には、
枯れた感じの方が好みですねぇ、
玉櫻社長夫妻
挨拶なさってらっしゃる社長御夫妻、
穏やかな笑顔で私達をお迎え下さいました、  
あっ!楽しいばあちゃんも元気に迎え入れて下さいました、
蔵見学参加者の皆様1
蔵へ入る前に、御参加下さった皆様の集合写真を・・・・!
今回は、可愛いお子様、そして、スエーデン人で日本酒好きの青年も参加され、
とても賑やか!
そしていざ蔵へ・・・
見学の皆様
甑、洗米、酒母、醪、室など、
隅々までしっかりと見学させていただきました、
蔵の中は、甘~ぁい香りが漂っていまして、
皆様、醪を一口ずつ味わっていらっしゃいました、
醗酵途中の醪は甘く、炭酸ガスがピリピリとして蔵ならではの味です、
ぐるりと蔵を見せていただいて、きき酒、今年搾ったお酒をしっかり試飲させてもらい、
皆様良い心持ちになられた所で、宴へと・・・・
蔵の近所のよろず庵、そこは、何故だか味噌カツや、味噌おでん、土手焼きなど、
名古屋っぽいお品書きが目立つお店!
お酒は無理を言って、持込、しかも、ジャンジャン燗酒になどと注文を付けたりして・・・・
お料理は?そちらもお腹一杯になるくらい出していただき、大満足!
よろず庵宴
楽しい宴の時間はアッと言う間に過ぎてしまい、
再びばすに乗り込んで、広島へ・・・・!
宴の後の皆様
広島へ着いても当然二次回へ・・・・・!

御参加して下さった皆様、有り難う御座いました、そして、お疲れ様でした、
お忙しい時期に大勢の方達に隅々まで見学させて下さった、蔵の皆様、
本当に感謝です、有り難う御座いました、

私、個人の想いですが、
玉櫻は、手抜きせず、真面目にお酒を造っておられます、
これからが楽しみな蔵です、何処かで見かけたら、是非味わってみて下さい!
玉櫻看板




2009/02/13(Fri) | 日本酒 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
工務店?木工?杜氏?
美和櫻の金尾杜氏に会いに三和町へ行って来ました、

美和櫻ってお酒は、熟成させたうえ温めて旨い山廃純米から、
香り華やか?な吟醸香?が強い冷酒まで、幅広いお酒が有ります、

私、個人的には、燗上がりするお酒が好きなのですが・・・
と言う具合にこちらの金尾杜氏は大変器用な方なのです、

そして、器用なのはお酒造りだけでは御座いません、
蔵のあっちこっちが、杜氏さんの手で綺麗に生まれ変わっています、
例えば、仕込み蔵の壁などは、檜板で見違えるほど、
酒母室の床や天井は、杉に板に柿渋を何度も塗って落ち着いた感じに、
その仕事っぷりは、まるで本職、
いえ、最近のでぇくさんよりも木の事を良く解っていらっしゃるのでは無いかと・・・!

金尾杜氏
仕込み蔵で手作りの檜の壁を説明して下さる金尾杜氏、

いつもながら、酒の話は、余り無く、稲作や、木の話、機械の話など、
金尾工務店看板
ご覧下さい、この見事な看板を、
金尾木工の下の印鑑は、なんと細かい細工が・・・!
看板の細工
この細工は、貼り付けているわけではなく、木を貫いて浮かせているのです!
木目が下地と文字ぴったりと合っています、凄い!
因みに、いぶしぎんには金尾杜氏の力作が何と、三点も有ったりします!

この後、道具の一部を見せていただきました、
金尾工務店、道具の一部

勿論、お酒の方も気合十分で望んでいらっしゃっていましたので、
二年後が楽しみです、
金尾杜氏様、仕込みのお忙しい時期にお邪魔したにも関わらず、
丁寧な御案内、有り難う御座いました、

その後、何の連絡もいていないまま、
甲奴へと・・・・そこで目に止まった物は何と・・・・・?
こんな物が・・・・!!
瑞冠の看板
何処かで見たことの有るこの作風?
一体だれの作品なのか?
そして、こちらも、突然お邪魔したにも関わらず、
社長と杜氏がお相手して下さいました、
本当に感謝です。
山岡社長と畑中杜氏
右側が山岡社長、お隣は畑中杜氏
お二人とも有り難う御座いました、
次は、きちんと御連絡して伺います!










2009/02/06(Fri) | 日本酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
柳家三三!
柳家三三
皆様に落語の御案内です、
寒さが身に凍みる日が続いていますが、
本物の落語家さんの落語で寒ささえも、笑い飛ばしませんか?

2月12日(木)
ゲバントホールにて、柳家三三さんの落語、独演会が御座います。

18:30会場
19:00開演

木戸銭 2999円
予約などのお問い合わせ先 090‐9570‐4570 植村さんまで、

当店でもチケット取り扱っています

2009/02/05(Thu) | ちょいとお知らせ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。