スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
秋の山も楽しい!
山登り(里山歩き)は気分転換になりますねぇ!
前河内部長の計画では、恐羅漢へ行く予定でした、
直前に、吾妻山へ紅葉を見に行こうよう!と計画を変更、
さて、変更してどうなったのでしょうか?

お弁当を持って、リュックにお茶を入れて、心はウキウキ、天候も晴れ!
張り切って出かけました、    張り切りすぎて、皆様より早く、待ち合わせ場所へ到着、
皆様は待ち合わせ時間丁度に無事到着、
前河内様の車は乗車率100%
私の車は運転手のみ、寂しい!
という訳で、先日、大山に登ってこられた吉井様を助手席に、
待ち合わせた庄原から更に車を走らせると、次第に遠くの山々は山頂から赤や黄色に色づいてます
吾妻山の紅葉は?
小坊主からの吾妻山2
少し雲は出ていたのですが山は綺麗に色づいていました、
登る前
吾妻山を後ろに記念写真!
さあ、登りましょうか!
緩やかな上り坂を歩き始めて10分位経ったでしょうか?
メタボな私は、早速汗が・・・・!
途中ちびっ子に追い越されながら、ゆっくり景色を楽しみながら登り続け、
紅葉1
程なく山頂へ!  山頂に高い木は無くぐるりと景色を楽しむことが出来ました、
吾妻山頂上 山頂から1 山頂から比婆山を
正面に比婆山を眺めながら、腹ペコな一行は早速お弁当です、
景色を楽しみながら皆さんと食べる弁当は最高に旨い!
ゆっくり食事を楽しんだ後は・・・・・?
降りるだけ!
勿論、降りながらの景色も楽しみの一つでしょう!
下山1 下山7紅葉 下山10紅葉 下山12紅葉
下山の道の紅葉は見事でした、美味しい空気と気持の良い景色、気分は最高でした。
前河内様、凄く嬉しい計画の変更でした、流石ですねぇ!
お利巧さんにしてますから、次の山にも連れて行って下さい!

おまけです、途中に咲いていた花達です、名前・・・・教えてもらったけれど・・・・忘れた!
アザミ つぼみのリンドウ 黄色い花 池と花 赤い実?2
まだ沢山咲いていたのですが、写真撮るの忘れたのでした・・・・
リンドウ、アザミは分かるのですが・・・・その他が、ちょっと・・・・・
名前が分かる方教えて下さい!













スポンサーサイト
2009/10/30(Fri) | 山! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
初めての酒祭り
私、ブーマスターは、生まれて初めて、西条の酒祭りへ行って来ました、
朝、張り切って、家を出たのは、午前八時前、車に鍋や鉄板、そして食材を積み込んで、
幸い、道中、車もあまり走って無く、どおっちゅう事無く九時前に秘密倶楽部前に到着、
掛井酒店、ドイツビールを売りさばくイケ面のアルバイトの方達に手伝ってもらい、
荷物を秘密倶楽部へ・・・・・!(運んで下さったお兄ちゃま有り難う御座いました)
軽く下準備をして、ちょっとだけ、街へと・・・・、
すでに大勢のお酒好きの方達で大賑わいです、
残念ながら、酒広場へは近づく事も出来ず、酒蔵通りを歩いていました、
しばらく歩いていますと、そこへ・・・・見覚えのある方々が・・・・なにやら美味しそうな物を売っていらっしゃる!
見覚えのある方々とは?美味しそうな物とは?
豊平の松尾様と御家族がキジの串焼きや鍋を売っていらっしゃいました、
勿論、串焼きその他を購入、何故だかお礼に、お酒を振舞って頂き、
人込みの中、少々良い心持に・・・・(松尾の殿様御馳走様でした)
秘密倶楽部へ戻ると、すでに、ドイツビールの販売は始まっていて、凄い人だかりが、
この場所だけオクトーバ フェスタではないのか?と思ってしまいそう!(そんなわけないですけど、)
しかし想像以上の人の多さにビックリ!
img091015134007_p[1]
掛井様のブログから写真は無断で拝借しちゃいました、御免なさい!
私も、黒いのやら白い?のやら、6杯もいただき、壊れる寸前でした、
秘密倶楽部は掛井酒店の二階にあり、そこは表通りの賑やかさが嘘のように静かです、
まるで皇居の中にでも居るような、(皇居に行った事無いのですが、想像してみました!)
炭に火を点け、鍋を温め、肉を切り、準備は万全、後は、楽しく飲んだり食べたりするばかり!
正午前にも関わらず、秘密倶楽部の皆様がチラホラと、最初は、大きなテーブルを囲んで、
椅子に座って、のんびりとビールやお酒を呑んでいました、が・・・・・・!
午後二時を少し回った頃、土石流のように、人々が押し寄せて下さいました、
気持ち良くなっていた私は、すっかり素面へ、今度は、ビールを楽しむ余裕も無くなり、
料理に専念?(嘘です、色んな物呑んでました)
秘密倶楽部 秘密倶楽部2 お燗場
鍋では、ご飯を炊き、牛のスネ肉を煮込み、鉄板で地鶏や野菜を焼き、網では蟹や和牛を焼き、
太田川の落ち鮎の甘露煮や鯖の醤油干し、その他・・・・・・・・!
もう皆様で御自由にやって下さい!(無責任な酔っ払いブーなのでした)
しかも美女軍団に囲まれて、だらしないデレデレの酔っ払い!
ハーレム?
楽しいな!嬉しいな!幸せだな!酔っ払いだな!
いつまでもこの楽しい時間は過ぎ無ければ良いのに・・・・!
しかし、秋の日はつるべ落とし、気が付けば辺りはすっかり暗くなっていました、
が・・・・・?!宴は終わる気配すら御座いません、
秘密倶楽部夜2
掛井様登場
二日で30ℓのビールを16樽売り尽くされた掛井様がやっと倶楽部へ参加です、
食事をする暇も無く働かれた、ビール部隊の皆様お疲れ様でした、

しかもそこへ・・・・・あのお方が、あのお酒をご用意下さっていたとは!
石川杜氏
皆様の熱気と興奮も最高潮に・・・・・!
そうです、竹鶴の石川杜氏があの黒くて旨いお酒を持っての登場です!
皆様で美味しく飲ませていただきました、

そして、この倶楽部で、気を失うと恐ろしい目に会う事も私は学習いたしました、
どんな恐ろしい目かって?
それは・・・・
赤踊り
頭の上で人形が踊ったり、
赤鍋
頭の熱を利用し、調理したり、
赤キノコ
頭にキノコを植え付けられたり、
まだまだ色んな物を乗せられていたように思います!
冬山で遭難した時みたいに、この場所では寝てはいけないのです、
そして恐れをなした私は、荷物をまとめ、皆様より一足早く広島へと逃げ帰ったのでした、
車は、お酒を一適も飲んで無い「いぶしぎん」の社長が運転しました、
帰り道、凄く混雑していたらいいのですが、私は、全く気が付きませんでした、
むしろ、もう付いたの?なんて言ってしまい、社長のご機嫌は斜めになってしまって・・・・(反省・・)

想像以上の人の流れで、食事の提供が滞ってしまい、皆様には御迷惑をおかけいたしました、
しっかり片付けもせず、先に帰らせて頂き、掛井様御夫妻、こちらも御迷惑おかけいたしました、
 
皆様、楽しい時間を有り難う御座いました、お陰様で、酒祭りは最高に良い想い出になりました。






2009/10/21(Wed) | 楽しい企画 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
島根県浜田の夜は楽しい!
今年の夏前、若林酒造(開春)の社長さんから連絡が有りました、
内容は、「秋に浜田市で島根のお酒のお祭りが有るので、広島のお酒好きを沢山連れて来て」
と言うものでした、数日後、日にちが決まり、早速、お酒好きの仲間に連絡、
連絡させて頂いた殆どの方が参加して下さいました。
そして、迎えた10月4日(日)お昼12時に平和大通りの山人(さんと)の前に集合、
車2台に乗り込み浜田へ、
先ず、今回、宿泊先の手配や会の券など色々お世話して頂いた、浜田の板本酒店へ、
高速道路で約2時間で到着。
いたもと酒店
とても立派な酒屋さんです、(0855)-27-3883
勿論、品揃えも!(欲しいものが有り過ぎて、ついつい買いすぎてしまう)
いたもと酒店2
こちらで他の皆様と合流、そして今晩の宿へ・・・・
荷物を置いて、会場のワシントンホテルへ、(歩いて2分位かな?)
因みに、去年は松江でした、
しまね清酒まつり
何だか懐かしく思える挨拶や祝辞が有り、やっと乾杯!(お腹空いたし、酒飲みたいし、)
立食形式、幾つかのテーブルに御馳走が並んでいます、
お酒は、左右に蔵元さんがいらっしゃいます、自由に好きなお酒をいただきに行きます、
去年は、別に燗をつけるテーブルが有ったのですが、
今年は、蔵元さんがつけて下さるようです、(半分位はお燗無かったので、残念)
色々な蔵のお酒を頂いて、参考に成りました。
ホテルでのお酒の会はあっと言う間に終了?
そして、皆様タクシーに乗り、板本様が用意して下さった今回の目玉企画!二次会へ・・・・!!
二次会は、【すしとうなぎの店山源】さん、
運転手さんにお店の名前を伝えるだけで連れて行って下さいます、
広島からの参加者は全員で、蔵元さんを合わせると・・?一体何人でしょうか?
恐らく20名以上いらっしゃったかな?
お料理が出る前に、板本様が用意して下さった、くさやチーズ!
くさやチーズ
チーズにくさやを練りこんであるらしいのですが、これを切って、少しずつ食べてみました、
独特の癖がある香り?臭い?にチーズが持つマッタリした味とコクが混ざり、熟成したお酒の燗と楽しめば、病み付きになるかも!

ここら辺で、今回浜田へお付き合い下さった方々に登場してもらいましょう!
チーズ切り佐々木様
割り箸の紙の上でチーズを切って下さっているのは、佐々木様です、




板本様
何だか難しい話でもしているのでしょうか?板本様です、



橋本様&小山様&山平様
こちらの楽しそうな三人は、右から山平様(山人)、小山様(楽車)、橋本様です、




井手様&井上様
一升瓶を持ってらっしゃるのは(人有喜)の井手様、お隣は井上様です、



掛井様
いつもお世話になっている西条の掛井様、



波多野さんと岸本さん
変顔してるのは波多野様(酒商山田)と岸本様(橙)



山田様&若林様
大人のお話の途中でしょうか?左に(酒商山田)の山田様、今回私にお話を下さった若林様(開春)



桜尾様&寺田様
島根、出雲の寺田様(十旭日)、手前は瑞穂の桜尾様(玉櫻)



相原様&中野様
(ちょこっと屋)の相原様と中野様です、

其の他にも、蔵元さんが3~4名、いぶしぎんの社長や、冨さんや、
松江で島根のお酒が全て飲めちゃう素敵なお店、月島亭の方々など、
途中でお見えになった方がどれ位いらっしゃったのか、解りません!
このような方々と一緒にお酒を呑んで楽しくないはずは御座いません、

しかも写真をご覧頂けばお分かりでしょうが、すでに皆様良い心持になっていらっしゃいます、
それは、楽しい会話と、このような御馳走と旨い酒のお陰なのです。
最初に少し霞んだ酸っぱいお酒(内容は明かせません)で乾杯!
酸っぱい酒
鯖この新鮮な鯖を・・・・
鯖の煮食い鍋
醤油とお酒と大根の鍋でシャブシャブと本当に少しだけ潜らせて食べる、
山陰の漁師料理、煮食い鍋(にぐいなべ)または、(いりやき)とも呼ぶらしいのですが、
初めて頂きましたが、新鮮この上ない鯖はお刺身よりも歯ごたえが良く、
お醤油と、ほのかにお酒の香りがして酒の肴には最高です、



そしてこれは?
喉黒の煮付け 喉黒のにぎり寿司
のどぐろの煮付けと握り寿司、他にもカツオのタタキや鰻の炙り焼きなど、とても贅沢な一夜でした、
今回の会を教えて下さった、若林様、何から何までお世話になった板本様、感謝です、
山源の山口様、美味しいお料理を有り難う御座いました、
今回、お忙しい中、参加して下さった皆様、楽しかったですねぇ~!また、遊んで下さいね。

明くる日、瑞穂へ立ち寄り、玉櫻でちらし寿司を御馳走に成りました、
桜尾さんのおばぁチャン御馳走様でした、とても美味しかったです。

















2009/10/13(Tue) | 日本酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
西條鶴、
先日の土曜日西條鶴の会を「いぶしぎん」でやらせて頂きました、
御参加下さった、25名の方々、お忙しい中、本当に有り難う御座いました、
さて、この日は伊野本様と杜氏の宮地様にも起こし頂き、
西條鶴を色んな温度で楽しもう、そんな会でした、蔵元様と西条の掛井様と打ち合わせをして、
写真のお酒、
西條鶴のお酒
右から活性純米にごり・純米大吟醸・蔵楽ふなくち生9号・蔵楽火入6号・9号・純米酒大地の風・
純米吟醸大地の冠・純米ひやおろし・の8種類のお酒を選びました、
蔵元の伊野本様の挨拶に続き、宮地杜氏の乾杯で会は始まりました、(活性にごり)
伊野本さん
この日は「いぶしぎん」の会に初めて御参加下さった方が半分近くいらっしゃったので、
先ずはひや(常温)でそして温めてから味の違いを楽しんで頂きました、
皆様、杜氏や伊野本様とお酒の話をしながら楽しそうに呑んで下さったみたいで、ホッと一安心、
皆様大勢2 宮地杜氏と佐々木様
そして、お酒はいつもより早く底を尽き、残念ながら中締め、
勿論、これで収まるわけも無く、半分の方は二次回へ向かわれました、
私も少し遅れて参加しました、これも楽しい時間でした。
宮地杜氏、もう少しで蔵入りですね、お体に気を付けて美味しいお酒を醸して下さいね。


2009/10/08(Thu) | 日本酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
竹鶴呑切り会、
9月最後の日曜日、彼岸花の赤い色が鮮やかな湯坂温泉のホテル賀茂川荘で
竹鶴酒造さんの十三回目の呑切会が御座いました、
幸せな事で、今年もお誘い頂き参加させてもらいました、
彼岸花   呑み切り会場
専務の素晴らしい?司会で始まり、社長さんの挨拶、石川杜氏のお話そして、
今回は初めて講師の方がお見えでした、
平成21年での造りは、いよいよ木桶で生モトを醸されます、
そうです講師の先生?はこの桶を新品のように生まれ変わらせた、
大阪堺市の㈱ウッドワーク/藤井制桶場、代表取締役の上芝雄史様です、
桶と樽の違いや大きな桶を作る上の先人達の知恵や苦労話など大変興味深いお話を聞かせて下さいました、

さて、肝心のきき酒の方ですが、評点・熟度・そして寸評を書き込んで行きます、
未熟な私などは、ついつい製造年度や酒の種類に惑わされてしまいます
(残念ながら途中で本当に解らなくなるのです!)
寸評に至ってはお腹も少し空いていた事も手伝って、食べたい物を書く始末!(面目無い)
その中でも、やはり生モトは何かが違うように感じました、(何かって?解りません!)
この辛く長いきき酒が終わるといよいよ、懇親会です、
やはりお酒はきくのでは無く呑む物でしょう、勿論何か食べながら!
今年も賀茂川荘さんの素晴らしい御馳走、そして厳選地場食材、今思い出しても・・・腹の虫が・・・
乾杯上芝さん
私の気持ち(腹の虫の気持ち)を見破られたのか?
上芝様の乾杯の御挨拶は迅速で素晴らしいものでした。
お料理1 お料理3 セクシーな足 各産地の食材達
竹原宿根産の玉葱、薩摩芋、里芋、馬鈴薯、栗、柚子、無花果、味噌(竹鶴酒造、麹製造)

大和産は米(コシヒカリ) 地野菜のお漬物

福冨産からは笊豆腐、油揚げ、エゴマ油、平飼い鶏の有精卵、味噌、モッツアレラチーズ、
(12BY八反熟成純米原酒入りアイスクリーム)

久井産、ハーブ、

豊平産、天然猪肉

竹鶴酒造からは、清酒竹鶴純米(料理酒)、調理用仕込水、奈良漬、藻塩
その他瀬戸内産魚介類など

中でも、蒸したての野菜(南瓜と馬鈴薯)にちょいと味噌を付けて食べると絶品でした、
蒸した野菜 御燗番若山さん
勿論、乾杯からお燗で、竹鶴酒造の皆様お燗番お疲れ様でした、
きき酒の時とお酒の表情もガラリと変わり、生き生きとしてました、(私自身が生き生きしてたのかも?)
やっぱり竹鶴さんのお酒は食中酒です!!
感想ですが、純米のお燗は素晴らしい、お客様にもこの楽しさを伝えなければ!

と、楽しく美味しい懇親会も瞬く間に終了!今年は残念ながら宿泊しないので、広島へ帰りました、
さてさて、二次回はどんな事になったのやら?

竹鶴酒造の皆様、事前の準備や当日の御もてなし(しかも二日も)など、
毎年の事ながら、心から感謝です、そしてお疲れ様でした。





2009/10/01(Thu) | 日本酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。