スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
京都の夜どすぇ、
皆が観光へ行っとってん間、ちぃと、寝かしてもろうてのぉ、
   
(皆が観光へ行っている間、少し眠らせてもらいました、)


時間にしてら、ほうじゃのぉ~一時間ゆうとこじゃろうかねぇ、
       
(時間は、どうかなぁ~一時間といったところだろうか)


待ち合わせ時間に遅れちゃあいけん思うて、あらかじめ電話で起こしてつかぁさあい言うて、
掛井さんにお願いしとったんよぉ、ほいじゃけぇきっちり5時に電話が鳴ってのぉ、
儂ゃぁたまげてから、飛び起きたわいやぁ、じゃけど電話が鳴らなんだら、そのまま朝まで寝とったかも知れんのぉ
        
(待ち合わせの時間に遅れてはいけないと思い、あらかじめ電話で起こして下さいと、掛井さんにお願いしてました、
 だから、きっかり5時に電話が鳴り私はおどろいて飛び起きたのだ、だけど電話が鳴らなかったら朝まで寝ていたか
 も知れない)


まだ時間も有ったし、そがぁに急がんでもえぇ思うたんじゃが、慣れん所じゃし、迷子になっちゃぁいけん思うて、
外へ出たんよぉ、ほんなら はぁ暗ろぉなっとったし風は冷いし、
とりあえず言われた通り地下鉄に乗って烏丸御池っちゅう駅まで行ってみたんよぉ、
       
(まだ時間もあるし、そんなに急ぐ事も無いだろうと思ったのだが、慣れない場所だし、
 迷子になるといけないと思い外へ出てみた、するとすでに暗くなっているし風は冷たい、
 とりあえず言われた通り、地下鉄に乗り烏丸御池と言う駅まで行ってみたのだ、)


そしたら、出口が何箇所かあるんじゃぁ、何処から出りゃぁえぇか分からんし、適当に上へ上がってみたんじゃ、
ほんならの、まだ誰もおらんのんよぉ、やっぱりちぃと早よぉ着きすぎたんじゃの、
ほんで、大阪から、飛び入り参加の橋○さんに待ち合わせの場所をもう一回確認せにゃぁいけんかったけぇ、
電話してみたんじゃ、ほんなら今電車に乗っとる言うてじゃけぇ降りる駅を教えて、今度ぁ掛井さんへ電話したんよぉ
そしたらはぁねきへおる言うてじゃけぇ安心したんじゃぁ、
       
(出口が何箇所かあり、何処から出れば良いか分からない、適当に地上へ出てみたのだ、
 まだ誰も居ない、やはり少し早く着きすぎたようだ、それから、大阪から飛び入り参加なさる橋○さんに待ち合わせ の場所をもう一度確認する必要があったので電話をしてみたのだ、
 今電車へ乗っているとおっしゃったので降りる駅を伝えて、今度は掛井さんへ電話をした、
 そして、もう近くに居るとおっしゃったので、安心したのだった、)


なんのこたぁ無い、皆は向かいの交差点へおるじゃぁない、信号が変わったけぇ皆ん所へ行ったんじゃ、
お目当ての店は直ぐねきじゃった、そこは、儂ん所へ来てくれちゃったことがある、【あさきぬ】さんのお店じゃった、
        
(なんのことはない、皆は向かいの交差点に居るではないか、信号が変わり皆と合流出来た、
 お目当ての店は直ぐ近くだった、そこは私の店へも来て下さったことがある 【あさきぬ】さんのお店だった、)


【あさきぬ】さん所は、コの字のカウンターだけじゃが明るうて気持ちのえぇ店じゃ、
このコの字カウンターは正面のもんとも話しが出来るし、便利えぇのぉ、
飛び入り参加の橋○さんを入れたら全部で11人もおったのぉ、これじゃぁ貸切状態でぇ、
【あさきぬ】さんも、おごうさんと二人で切り盛りしとってじゃけぇ、皆がばらばらで注文すりゃぁ大変じゃろう、
適当にお任せにしてもろぉたんよぉ、旨いもんがえっと出たでぇ、やっぱり任せりゃァ安心よぉ、
ほいでの、大事なんは酒じゃろうが、ちらっと見りゃぁ見慣れた酒がずらァ~ッと並んどっての、
皆、口々に「こりゃぁ西条から酒が送られて来よるんでぇ」言うとったの
そぉ言ゃぁ、確かに良ぉ見るラベルじゃったわぃ、じゃけぇ安心して呑めたのぉ、

(あさきぬさんの店内はコの字にカウンターがあるでけであるが、明るく気持ちの良いお店だ、
このコの字のカウンターは正面の者とも話が出来、便利である、
飛び入り参加の橋○さんを含め全員で11名も居た、こらでは貸切状態である、
【あさきぬ】さんも奥様と二人で切り盛りなさってらっしゃるので、皆がばらばらに注文すると大変であろう、
適当にお任せにしていただいたのだ、美味しい物が沢山出て来た、やはり任せると安心だ、
それから、大切なのはお酒だ、ちらりと見ると見慣れたお酒がズラリと並んでいる、
皆、口々に「これは西条からお酒が送られて来ているようだね」と言っていた、
そう言えば確かに良く目にするラベルであった、だから安心して呑むことが出来た、)
見慣れたお酒達・・ 見慣れた方々
こんだけ人数がおったら、酒の頼み方が皆ワヤなんよ、いっぺんに酒がのうなったんじゃないかのぉ?
「酒三合、熱々のをつかぁさいやぁ~!」 「こっちもつかぁさい!はぁみてましたけぇ!」
「あんたら最初っから そがぁに えっと飲んでから、後からどがぁなっても儂ゃぁ知りませんでぇ~」
「そがぁな事を言いんさんなやぁ、折角京都まで来たんじゃけぇ」
「この鮪、儂がもろおてもえぇかの?」
そがぁな会話をしながら楽しい時間を過ごしとりました、
呑むんが忙しゅて写真撮るんを忘れとりました、残念じゃった!

(これだけの人数だと酒の注文の仕方が無茶苦茶です、一度にお酒が無くなったのでは?
「熱々のお酒三合、下さいな」「もう無くなったので、こちらにも下さい、」
「あなた達最初からそんなに沢山のんで、後からどうなったって私はしりませんよ」
「折角京都まで来たのだから、そんな事を言うもんじゃない、」
「この鮪、私が頂いて宜しいですか?」
こんな会話をしながら楽しい時間を過ごしていました、
呑む事が忙しくて写真を撮ることを忘れていました、残念です!)


【あさきぬ】さん、ブチ旨かったです、有り難う御座いました、
じゃけど嵐みとぅな感じじゃったですね、すまんかったです、
掛井さんが計画してくれたら来年も行きますけぇ、待っといてつかぁさい、
ほんで、嵐みとぉな一団は、次の店へ向こぉたんじゃ、
次の被害者は、【馳走 いなせや】じゃったです、
ここは、二回目じゃけぇ、何か懐かしい感じじゃったです、

(【あさきぬ】さん、とても美味しかったです、有り難う御座いました、
しかし嵐みたいな感じでしたね、すみませんでした、
掛井さんが計画して下されば、来年も伺いますので、待っていて下さい、
それから、嵐の様な一団は次のお店へ向かいました、
次なる被害者は、【馳走 いなせや】だったです、
ここは二回目なので、何だか懐かしい感じでした)
いなせや入り口 
入口の細い道に敷き詰められた煉瓦じゃったかの?それにゃあ、京都の町の名前が書いてあるんじゃ、
一個ずつ読みたかったんじゃが、時間が・・・・!
ほいでの、ここでもカウンターを占領してから、呑み上げました、

(入り口の細い道に煉瓦だったと思いますが、それには、京都の町の名前が書いてあり、
一つ一つ読みたいと思ったのだが、時間が・・・・!
そして、こちらでもカウンターを占領して、呑ませていただきました、
いなせや1 阪本さん 掛井&阪本
阪本さん、お騒がせしました、白馬へ移られても楽しんで下さい、

この後、一団はどうなったのかな?  続きは又今度!
















スポンサーサイト
2010/01/29(Fri) | 旅? | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
京都へ着いたどすぇ~
松尾神社を後にして掛井さんが次に案内してくれはったのは、
有名な嵐山どすぇ~、
嵐山1
とても冷たい小雨降ってましてんけど、連休中の観光地とあって何処もぎょうさん人が居てましたなぁ、
嵐山での行動は各自、自由ですわぁ、なんせ初めて来た場所でっしゃろ、
何処へ行ったら良ぇのんか、なんや良うわからしまへん、
とりあえず、橋、渡ってみよう思いましてな、一人で渡ったんは良ぇんやけど、
あまりパァッとしてまへん、
そこへ、なんや知らんけど急な階段が有りましてな、
何人か登って行きはってます、
なんや知らんけど、とりあえず付いて登ってみよ思いまして、登って見た訳ですわ、
ほんなら、案の定、お寺や、まぁ、ここは京都でっしゃろ、そこら中お寺だらけですわ、
これも何かの縁や思いましてな、お賽銭あげて、ジャラジャラ鐘鳴らして、
パンパンと手ぇ叩いてお参りてた時に、ここはお寺やのうて神社やったちゅう事に気ぃつきまして、
そこまで気ぃ付けへんとは、ほんまボーっと登っとったんやなぁ、
そこは、ちぃと高こうなつてまして、嵐山が下に見えますぅ、
晴れとったら気持ち良ぇかも?
高台からの嵐山
下まで降りたら、待ち合わせの時間が近づいてましてな、
少々慌てて戻りましたのや、
気ぃ付いたら、冷たい雨は、いつの間にやら止んどりましたなぁ、
寒い木
けど、ほんま寒かった、

結局待ち合わせの時間より早よぉ着いてしもてな、
寒かったし、喫茶店で温い珈琲をよばれて、一息つかせてもらいました、

その後、皆と無事合流しましてな、今度は、えぇ~っと?  晴明神社ちゅう所へ行きましたなぁ、
赤い星がこの神社の印らしぃて、パッと見た時は科学特捜隊を思い出しましたなぁ、
晴?神社鳥居
この神社なんや色っぽい桃の置物があって、しっかり触らせてもらいました、
硬いし冷ぃし・・・・(こんなん思うてたら罰あたりですかいな?)
そして、今晩泊まる宿へ・・・・
部屋へ入った途端、眠気が来よりまして、
皆が観光へ行ってる間、仮眠を取らせてまらいました、

この続きは?    どないしょ?  けどぉ、この後に色々と・・・・?     

(関西の方々、妙な関西弁ですんません、堪忍しとくれやす!)

2010/01/27(Wed) | 旅? | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
京都へ行って来たどすぇ~
始まりは、去年の秋、
「高速道路の料金割引が有る内に、皆で何処かへ行きましょうか?」
西条の掛井さんと冗談半分での会話からでした、

その日の内に行き先は京都に決まり日取りも成人の日の連休に、
早速に宿泊場所も確保、流石掛井さんいつもの事ながら動きが早い、

成人の日、少し前までは15日だった、
ハッピーマンデイ?だか何だか知らないが、
日本の祭日は、月曜日に集まっている、

参加者は、私の店に来てくださった方々にお声をかけ、一瞬にして十名が確定、
後は出発の日を待つばかりだ、

まだまだ先の話と思っていたのだが、以外にも早くその日はやって来た、

私はといえば、34日ぶりの休み、気持ちはウキウキだが、歳のせいか体は思ったより疲れている、

お陰様で前日の土曜日もそこそこ忙しく、帰宅したのは午前2時半の少し前だった、

床に就いたのは午前3時半位だったと思う、寝つけない、疲れのせいだろうか、あるいは
幼い頃、楽しい事のある日の前日に中々眠れなかったあの感覚だったのかも知れない、

とにかく朝早く起床しなければならない、
焦りを感じながら目を閉じる、秒針の音が耳につき少し苛立ちを覚える、

早く眠れなければ・・・・軽く焦る、しかし目覚まし時計は容赦なく鳴り響いた、

心の何処かでは、いっそのこと早く起床時間が来ればと願っていたのかも知れない、
とにかく、睡眠に関係なく起きる時間は訪れたのだ、

時間は午前5時を少し回ったころ、一月初めのこの時間は当然寒くて暗い、
冷たい空気の中、街灯に照らされる息は白く凍えていた、
しかも連休の真ん中と言う事もあり辺りは静まりかえっている、
底冷えする京都はどれだけ寒いであろうか?

皆との待ち合わせは、広島駅の一つ西の横川駅北口に午前6時40分、
私の家には、幼馴染の田尾君が迎えにやってくる事になっている、
田尾君は約束の時間に遅れる事は今までに一度も無く、いつも早くやって来る、
この日も約束の時間より15分早くやって来た、時間は6時丁度だったと記憶している、

前日に支度は出来ている、彼の到着と同時に出発出来た、
この時間待ち合わせの場所へは15分もあれば着くはず、少し早すぎる出発だが、
遅れるよりは良いだろう、

案の定待ち合わせの30分以上前に到着、
まだ誰も着ていない、

この場所で、二台の車に8人が乗り込み、
山陽自動車道の小谷パーキングで掛井さんと待ち合わせになっている、時間は8時、

小谷までは私が運転する事に、
連休の上料金が割引のせいだろう高速道路には沢山の車が居る、
それでも、待ち合わせより随分早く小谷パーキングに到着した、

ここのパーキングは、広島の有名なパン屋が入っていて、焼きたてのパンを食べる事が出来る、
合流した掛井さん達と、軽い朝食を摂り、京都へ・・・・

ここから運転は田尾君に任せ、京都までは助手席で睡眠をとれば良い、
しかし精神的に幼い私は、気持ちが高揚し眠れないまま京都へ到着、

皆を楽しませようと、掛井さんが日程を計画して下さっていた、

先ずは、お酒の神様、松尾大社へ、
松尾神社門 集合写真2


流石お酒の神様、
そこには見上げるほどの菰樽が積み上げられている、
酒樽斜め
いくつかは見覚えある物もあるが、その殆どは初めて目にする銘柄である、

この後、この団体はどうなってしまうのやら・・・・・つづく









2010/01/21(Thu) | 旅? | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
何でこんな物が・・・?
まだまだ御屠蘇気分は抜けないブーで御座います、

皆様に限ってそのような事は無いと思います、

さて正月も休まず営業させて頂き、
大晦日、正月と楽しみながら(ちょっぴり飲みながら?)仕事?をさせて頂きました、
何だか、今年は良い感じの発進です、
御来店下さった皆様、大変有り難う御座いました。


正月早々御来店頂いた方は、既に御存知の事でしょうが、
何故か?このような食材が、いぶしぎんに有るのです・・・?
それは?
これです、
トリュフ山


随分前にはこの方達にも良くお会いしてました、
皆様よく御存知と思いますが、あえて言わせて下さい、これはトリュフです、トリュフ断面

決して特定の昆虫が転がして来た物では御座いません、

それをどうやって食べるのかって?

こんな感じです、
トリュフオムレツ トリュフサラダ2
オムレツやサラダ、又はリゾットなど、何か思いついたらブーに言ってみて下さい、
気が向いたら作っちゃいますから!



そして50年も前に造られたバルサミコ酢50年物バルサミコ酢
モデナ・ソレラって名前なんだそうです、
えっ?美味しいのかって?  酸味はあるけれど角が取れてて深いコクがあって干し葡萄の様な甘味も少し・・
50年前これを造った人は、まさかこんな居酒屋で日本酒と共に使われているとは夢にも思わなかったはず・・です、

でっ!これはどうやって使うのかって?    こいつはね、
こんな物と一緒に楽しむのです!
ジャンボン・ド・バイヨンヌ
ジャンボン・ド・バイヨンヌ、(バイヨンヌの生ハム)を薄く切って、
生ハムカット上から
皿にのせて、
生ハム1
ポメリー・ムータルド・モー(モー地方の粒芥子)やミニヨネット(荒く潰した黒胡椒)などの薬味?と一緒に
色々楽しんで頂くって訳です。

それと一緒に楽しむには葡萄酒が良いんじゃない?って?
勿論それも美味しいでしょう、しかし、いぶしぎんではこれと楽しんで頂きたい!
竹鶴生#37211;純米大吟醸
竹鶴生モト純米大吟醸ぉ~!!
社長に内緒でこっそり飲んじまった!
そして、ばれたってことは言うまでもありません。

次はばれないようにしよっと!   おしまい。




2010/01/06(Wed) | 美味しい食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
平成22年明けましておめでとう御座います、
        明けまして おめでとう御座います

昨年もいぶしぎんは、沢山のお客様、生産者の方々に支えて頂き、無事 新年を迎えることが出来ました、
感謝の気持ちで一杯です、心からお礼申し上げます。

本年も美味しい純米酒、安心して召し上がっていただける美味しい食材(お料理)と共に、
皆様の御来店心からお待ちしています。

尚、元旦は16時から営業させていただきます、
是非お立ち寄り下さいませ。

本年も宜しくお願いいたします。




2010/01/01(Fri) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。