スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
念願叶ってⅡ
前回の続き、

蔵見学もひと通り終わり、お日様も少し西に傾きかけた午後2時前だったかな?
ひょっとして少し過ぎていたかも、

そんな細かい事なんかどうでも良いですね、

実は我々、皆、お腹ペコペコ、

煙突の下の広場に目をやりますと、
お酒を入れるケースの上に大きなタンクの蓋が乗せてあります、

まるで即席のテーブル、なんとその上には、ご馳走が並んでいるではないですか・・・!

そうです、去年もその前も、この場所で私達を持成して下さいました、

私達も一人一品、持ち寄り、蔵元さんと楽しく過ごそう、という魂胆、

中島屋さんの奥様のお料理はとても美味しく、しかも癒されるのです、

二年続けて、自動車でしかも運転手としての参加の私と西条の掛井様は
このご馳走をお茶け(オチャケ)を飲みながら皆様が徐々にご機嫌になってゆくのを
羨ましく眺めていました、

そんな訳で、今回JRでの長旅をしてやって来たのでした、

いよいよその宴が始まるのです!
乾杯掛井さん10







掛井様の乾杯のご発声で宴は始まりました、



玄米焼きむすび10 小鰯の麹漬け10 大根田楽10 粕汁.10jpg ふきのとうの天婦羅.10jpg たまご焼き10 燻製色々10










ほんの一部のお料理の写真ですが、フキノトウの天婦羅、小鰯の麹漬け、大根の田楽、粕汁など

どれも美味しくて、楽しいひと時でした、



この日、食事の時間にはお日様もしっかり顔を出し、ポカポカ陽気、
日の当たる場所は心地よく、ついついお酒も進みます、


勿論、しっかりお酒も飲みました、当然、お燗で、
何故だか酒燗機と錫のチロリが目の前にあったので・・・つい!

やっと念願が叶っちゃいました。



宴風景.10jpg




毎回思うことなのですが、楽しい時間が過ぎて行くのは本当に早く、

あっという間に帰りの時間、またまた2時間半電車に揺られて広島へ・・・・
海2.10jpg








帰りの電車から見た夕日、









お忙しい中、私達に付き合って下さった中村社長兼杜氏毎年有難う御座います、
勿論美味しいお料理をご用意下さった奥様、
今回私の思いに付き合って下さった皆様、有難う御座いました、
皆様のお陰で楽しい蔵見学でした。


最後に集合写真をパチリ!

集合写真.15jpg











スポンサーサイト
2011/02/27(Sun) | 日本酒 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
念願叶って ?!
毎年この時期に、あちこちの酒蔵へお邪魔させていただいています、

今回は山口県は周南市の中島屋さんへ行かせていただきました、

広島を午前10時発の山陽本線で、
JRで行くと片道2時間半の長旅です。

何故JRで?そう思われる方もいらっしゃるでしょう、

自動車で行けば、山陽道で半分位の時間で着きますし料金も随分安くすむでしょう、

その答えは、また後ほどに。

 
広島駅から乗り込んだ車両は、すでに沢山の人、
当然、空いた席などあるはずも無く、仕方なくつり革に掴まっての出発、

横川でようやく席もちらほら空き始め、西広島で座る事が出来ました、
この駅で今回ご参加された10名全員揃い新南陽駅を目指します、

道中皆様との楽しい会話で、時間も早く過ぎ思っていたより快適な旅でした、
新南陽駅10













蔵は駅からほぼ北へ真っ直ぐの場所にあります、
ゆっくり歩いても10分少々で無事到着、


出迎えて下さった社長兼、杜氏の中村様に、早速蔵の中を案内していただきました、

仕込みは既に甑(こしき)※酒米を蒸す巨大な蒸篭
も倒れ後はモロミが数本残るのみです、

このモロミ、昨日留め仕込み(三段仕込みの最後)だったため、米が溶けてなく、
軽い気持ちで櫂を入れるとお米から大変な抵抗を受けます、
この作業を我々にも体験させて下さいました、

福田さん色 伊藤さん
















これを毎日、何台も、その上何回も繰り返すのはとても重労働です、  

この作業はほんの一部、もっと大変な作業が沢山あります、

寒く、冷たく、眠く、重く、時には熱く、
目に見えない微生物や細菌達のご機嫌を伺いながら、時に厳しく、そして優しく、

只、美味しく楽しく飲んでいる私達の想像をはるかに上回るご苦労が蔵にはあるんですね、

楽して早く安価で沢山、安全?に醸すことも、今のご時世可能だと思います、
にも関わらず、手を抜くこと無く醸されたお酒を気軽に飲める、本当に有り難いことです。


ひと通り蔵の中を案内して下さった後、

珍しく杜氏が嬉しそうに見せて下さったのがこれ!

まるで実演販売・・・?
しっかりした蓋があるのですが、中を見せて下さいました、

最新型洗米機1.10jpg 強力な渦巻き.10jpg シャワーと共に.10jpg
















新しい洗米機!
強力な渦巻きを起こし米を洗う、そして米を真下の笊へシャワーと共に一気に落とすらしい、

甑が倒れたこの造りでは、もう活躍の機会は無いのですが、また来年活躍することでしょう!




そしていよいよ・・・・!

何故、私達がJRでやって来たのか・・・?

その訳をお話しなければ・・・・!!

        でも・・・・そろそろ眠たい・・ので・・・・


            続きは・・・明日かなぁ~?
                  明日書ければいいなぁ!








2011/02/24(Thu) | 日本酒 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ノースカロライナのビール!
米国にノースカロライナ州と呼ばれる場所があるという、
勿論私はそこへ行ったことも無い、おそらくこの先行くことも無いだろう、
そこに住んでいる人達と出会うには、向うから来て頂かなけれ可能性は無いに等しい。

そんな、ノースカロライナにゆかりのある、カールさんと知り合ったのは、
偶然、彼が私の店を訪れて下さったのがきっかけだった、


熱燗を美味しそうにお飲みになり、流暢な日本語でお話しされる、
時折、広島弁が入り混じる、そんな彼に何故だか、親しみを感じたものだ、

その後、ビールのイベントなどで一緒に飲む機会に恵まれた、

ノースカロライナのビールの会に誘われたのは、
ゴールデンガーデンさんのイベント、大山Gビールの会だった、

断る理由も無い、むしろ喜んで参加させていただきたい、
「是非参加させて下さい」と返事をしたに違いない。




『この前の約束忘れてるじゃろ?』

ご来店いただいた日、突然そう聞かれたのは、年が明けたばかりの頃だ、

実際、恥ずかしながら、忘れていた、


そのビールの会がついこの間あった、
場所は、いぶしぎん、日曜日のお昼過ぎから、

お集まりになったのは、私を含め、8名、

ノースカロライナの場所に始まり、ちょっとした歴史、
その醸造元がある街の文化などの説明を聞きながら様々なビールを味わうことが出来た、

ビール説明.50jpg 乾杯!50





この日カールさんが用意して下さったのは、13本、
ノースカロライナのビール.50jpg





名前も(地獄の美人、怒った天使、平和を創る者)など面白く、デザインも興味深い、

中でも(ダック・ラビット)なるビールのラベルは印象に残った、

ウサギにもアヒルにも見える、
その名前から、そう思わせるのが狙いだろうけど、


肝心な味わいだが、今まで勝手に思い込んでいた、

アメリカのビールは味が薄く炭酸が強い、凍りついたスプーンを舐めるような、
サウナ後や炎天下でキンキンに冷やしゴクゴクと飲む清涼飲料のイメージが強くあった、

しかしそんな印象はすっかり消えた、

タイプによるが、苦味や酸味、柔らかい甘味がバランス良く、しかもしっかりあるものが多く、
ゆっくりと飲んで、温度が上がってもその変化を楽しめる、
食事と共に味わうビールがほとんどだった、
ウサギ?アヒル?.50jpg












勿論、カールさんのビールだけで満足出来る訳も無い、
参加者はそれぞれお気に入りのビールを持ち寄ることになっていた、

全部で34本?.50jpg






写真では、全部で34本写っているがプラス?本か有ったような気もする、

カール様をはじめ、ビール部の皆様、
楽しい会のお誘い本当に有難う御座いました、
もしよろしければ、また遊んで下さいね。






2011/02/14(Mon) | 日本酒以外のアルコール飲料! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ある意味、脅迫状??
仕込みに追われていた、午後4時前、
突然、宅配便の若者が店に入って来た、

「はて?何も発注していないが、一体なんだろう?」

送り主は直ぐに分かった、

美和桜酒造の杜氏、金尾さんから届いた物だ、

宅配の若者が用紙を差し出した、それに記名しに荷物を受け取った、

「何を届けて下さったのだろうか?」

30cm四方の箱、高さは20数cm位有るだろう、
超高級なケーキと記載してある、

「ケーキ?誕生日でも無いし、旧暦のクリスマスも過ぎている、」

第一彼はお寺のご子息、クリスマスやバースディーとは無縁であろう、



包装は予想より厳重である、

ハサミを使い包みを剥ぎ取った、

真っ白なケーキの箱、そして封筒が一つ、

それには、(ある意味脅迫状)と書いてある、

「脅迫状・・・・?」

私と側に居た女房は思わず顔を見合わせた、

そして、脅迫状の封筒を開く前に、箱の中身を確認した、

丸い形のガトーショコラが姿を現した、

何故ガトーショコラが届いたのだろう?

ガトーショコラと脅迫状2,15









次に封筒の口を開き、中身を確認した、

五枚の紙が几帳面に折りたたまれ入っていた、

一枚目、これは省略、










二枚目、
ちょこけーきどーぞ15

















三枚目、
おへそ六つ15















四枚目、
お仕事がんばれ15
















何だか暖かい気持ちになり、目頭が熱くなってきた、

オヘソ6つのおじさんとは、以前家族でご来店の際、
仕事着のボタンを指差し、

『これはなぁに?』と聞いて来る子供達に

私は、「これはおじさんのオヘソだよ!」などと適当な返答をしたことがある、
子供達はそれを覚えていたのだ、

そして最後の一枚には
また来週.15jpg













では、また来週、合掌!
と書いてある、来週?合掌?

この言葉の本当の意味は?
金尾杜氏、深い・・・深すぎる!

凡人の私には到底分かることは無いであろう。


どうやら子供達、お母様とケーキを焼くのが楽しく焼いては誰かに送っていらっしゃるらしい、

私の他は、本洲一の土居杜氏、竹鶴の石川杜氏に送られたらしいのだが、

まだ他にも幸運の脅迫状が届き幸せな気持ちになっている人がいるのかも知れない。



ガトーショコラ暗.15jpg















有難ね、ケーキすごく美味しかったよ、嬉しかったよ!








2011/02/12(Sat) | 美味しい食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
実はカレー好きかも・・?
ご機嫌いかがかしら? 辛い食べ物が、少し苦手なブーママよ、

でもね・・・・こんな私でも、時々ィ~食べたくなっちゃうのよねぇ! あ れ が

そんな時は一人でこっそり作っちゃったりしちゃうわ、

そぉねぇ、この間、急に食べたくなっちゃったの、

丁度暇だったし、やっちゃったわ・・・やだぁやっちゃうだなんて!


初日は香辛料をすり鉢で細かくして、ウコンやクミン、シナモンなんかは粉のやつを使うんだけどぉ
グローブやコリアンダー、カルダモンなんか硬くって中々大変なんだから、
粉にした香辛料に餅粉を加えオーブンで煎るのよねぇ、

あまり熱いと焦げちゃうでしょ、だからといってぬるいと意味無いしさ、

適当な温度じゃなきゃ駄目なのよね、それから時々混ぜる事も忘れちゃダぁメ、

香ばしく仕上げて冷ましておくわ、何回か分をまとめて作っちゃって、
真空にして冷凍しておくと便利よ、

そして次の日、今回は鹿ちゃんの骨がたっぷり有ったので、
香味野菜と一緒に、これもまた、オーブンでしっかり焼いて、
鹿の出し汁を作るの、
鹿骨1 鹿骨4
焼けると今度は大きな鍋に入れちゃって、煮込むのよね、

鹿のだし汁1
たっぷりとお酒を加えて、(今回も純米酒を沢山使っちゃった)



鹿のだし汁2


最初は強火で、沸き立つ手前で火を緩めるのよね、じゃないと灰汁が混ざっちゃって美味しく出来ないわ、

鹿のだし汁完成

出来た出し汁も一晩冷ますのよね、あくる日にはゼリーのように固まっちゃってるはずよ、

さて仕上げの日よぉ、
三日もたつと、カレー食べたい気持ちも薄らいでしまうわね、
どっちかと言うとこの日はお味噌汁とお漬物とご飯の方が食べたかったわ、
残念なお話ね・・・・だけどここまでやっちゃったから、最後まで作ったわ、あたし!

最後の日、玉葱、にんにく、セロリ、りんご、生姜などのお野菜を切るの、
そのお野菜達を鍋にいれて、油はひかないわ、野菜達って弱い火にかけてると、
汗をかいてくるのよね、勝手に水分が出て来るって感じ、
だから、そのまま弱火でじっくり炒めるの、焦がしちゃったら苦くなっちゃうから気をつけないとね、
玉葱セロリにんにくなどの野菜を 弱火でじっくりと 甘味が出るまで






しつこくやってると、野菜達から勝手に甘味が出て来るって訳、男も野菜も勝手な奴ばかり!

ここまで来ると、もう先は見えたも同然よね、

昨日冷ましておいたプルプルのお出しに、今回は猪と鹿のお肉を入れてって、勿論お鍋の中によぉ!
火にかけちゃうのよね、
鹿のだし汁に鹿と猪肉




最初は強火でもいいわ・・・でもね、湧き上がる手前で弱火にするのよ、
本当、灰汁が混ざっちゃったら、臭いものね、

あなたも嗅いだことあるはずよ、ボコボコ沸き立たせてる豚骨スープ、
灰汁もひかないでグラグラ煮込んじゃってるから、とても臭いわぁ、

灰汁はしっかり取ろう


灰汁はしっかり取り除かなきゃ!

おフランスでは灰汁を取り除く作業をエキュメとか言うらしいんだけど、とっても大事な作業よね、
因みに野菜などをゆっくり炒める作業はスュエだってさ、気取っちゃってるわね、
出し汁はフォンって言うんだって、  だからどうしたって感じよねぇ!

そんな話はどうでも良いわね、
しっかり灰汁を取ったら、甘味が出てる野菜達を加える時が来たわ、
そしたらまた・・・灰汁・・・・何か加える度に灰汁の奴しゃしゃり出て来るわ、
懲らしめてやりたいくらい、

今度もしっかりと灰汁は取り除いたわ、ざまぁ見ろ、せいせいしちゃう!

そして、いよいよ味付けよ、
もうこの頃には、カレーなんか食べたくも無いわよ!
オカマ心は変わり易いのよ、   でも仕方ないわね、お仕事だもん、

ちゃんとやるのよ、やらなくちゃ・・・

あれはまだ、カレーが食べたかった二日前・・・
香辛料と粉をオーブンで煎ったあの日、何だか懐かしいわぁ、あんな時代もあったわね、

あのルーを使う日が来たのよ、ここで使わなきゃカレーに成らないわ、

カレールー
良くなじませて




良く馴染ませないでそのまま鍋に投入するとダマになっちゃうんだから、
辛くても、ボールで良く混ぜて鍋へ入れたわ、
煮込むと・・



何故?何故なの?あれだけしつこく灰汁と油を取り除いたのに・・・・まだ奴らは出てくるの?

一体何処から現れるの? 
お金もこんな感じで沸いてくれば楽しいのにさっ!



カレーライス

やっと出来たカレー 

もう食べたい気持ちなんて何処にも無いわ、

でも試食はしないといけないわね、残念だけど食べたわ、ほんの少し・・・?

だって、カレーって食べ過ぎると黄レンジャーに成るから気をつけなきゃって言うじゃない?

お味?・・・・うふッふふ・・・!教えて  あ  げ  な  い!!



2011/02/11(Fri) | 美味しい食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
仕方ない・・・の?
日中お日様の下は少し寒さも手加減してくれているのかな?

しかし、お日様が沈むとしっかりと寒さが身に染みます、
空気も乾燥して新型のインフルエンザが流行っているみたいです、

皆様ご帰宅なさったら、手洗いとウガイをして、健康に楽しくお燗酒を飲みましょう!


乾燥といえば、毎年師走に入る頃から、いぶしぎんの支配者様、(私の表様・・?いえ奥様)
は酷い手荒れに苦しんでいました、

それは気の毒なくらいひどい状態で、ジャンケンは中途半端なパーしか出せない
握ると手の甲から、しっかり開くと手の平から、血がにじみ出ていました、

可愛そうで・・・代われるものであったとしても代わりたくない!!

そんな感じでした、(人の痛みなど分からない、過去の我が痛みも直ぐ忘れてしまうし・・)

ところが、大変残・・いえ有り難い事に、今年は全くアカギレも無くとても快適みたいなのです、

その結果、この時期だけ恩を売っていた私の立場が・・・・

何故このように嬉しい状態で過ごすことが出来るのでしょう?

アカギレの救世主は・・・一体誰・・・?




それは、本通りにある、老舗の薬屋さん、魂の薬剤師の赤松様でした、

アカギレに悩んだ末赤松様に相談したところ、
大変彼女によく効く塗り薬を紹介して下さいました、

お陰様で、今冬は全くささくれる事すら無く、本当に快適そうです、

赤松先生、有難う御座いました、



えっ私? 私は産油オヤジなので、年中オイリィー!乾燥したって荒れたことは無いのです、
脂性に生んでくれた両親に感謝しています。



そんな、赤松様のご親戚に、造り酒屋が有ったそうです、
お酒の銘柄は森の翠(もりのみどり)

残念な事に、既に廃業されて、もう口にすることは出来ません、

その貴重なお酒が僅か2本、赤松様の手元に残っていると、
そしてそのお酒を赤松様のお知り合いの皆様といぶしぎんで飲みたいと、
今度は、私に赤松様からご相談がありました、

そんな大切なお酒を私の店で飲んでも良いのでしょうか?

しかし、私もそのお酒飲みたい!

そんなことで、飲ませていただきました、豆乳鍋と共に、

ご参加して下さったのは、総勢14名様、

赤松様のお仕事の都合で、開始は20時から、

何と主役の赤松様がお見えになられるその前に、

こっそり?と乾杯?しちゃいました!

勿論この時点では鍋には手をつけません!

参加された方にはお一人につきお酒四合を1本持って来ていただきました、
その時のお酒は、こんな感じです。
森の翠追悼式持ち寄りのお酒






同じラベルが見えますが、実は年度違いで、そちらも楽しめました、
森の翠食事風景色 森の翠赤松様.色jpg 森の翠湯葉2

豆乳鍋は最初に出来立ての湯葉を箸で掬い取り、ポン酢でいただきます、
残念な事に、その後の写真はありません、食べて飲むのが忙しくてそんな暇は有りませんでした、

この日の野菜はキノコ以外は全て新屋さんの野菜、白菜の代わりに採って来たばかりの広島菜、
金時人参、里芋、白葱、種鶏のもも肉、最後は雑炊に山代鶏の卵を入れて、
とても美味しく楽しい食事でした、

只・・・美味しいお酒を造っても、廃業は仕方ない事なのでしょう・・・?

正に明日はわが身・・・!

一寸先は真っ暗闇です、
毎日を楽しみながら生きようと思います、

森の翠お帰り風景色

皆様とお酒を飲むと本当!楽しい!!
赤松様、集まって下さった皆様、お忙しい中有難う御座いました、

今度は、追悼式もどきではなく、おめでたい行事で旨い酒を飲みましょう!



ちょいとおまけ!

そろそろ帰ろうよ


皆様お帰りになりましたよぉ~

          そろそろ帰ろうよぉ~!!


                   おしまい







2011/02/08(Tue) | 日本酒 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。