スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
届きました
さかずきん義援金50jpg 義援金酒50%










義援金のお酒届きました。
いずみ橋(神奈川)と扶桑鶴(島根)です、どちらも美味しいお酒です、
お酒を楽しく飲んで、いつの間にか義援金につながってます。
いぶしぎん以外のお店でも取り扱いがあると思います、
もし良ければ飲んで下さいね。




ラクビア10











続いては、私が大好きなお店、ゴールデン ガーデンさんの二つ目のお店です、
RAKU BEER(ラクビァー)
4月26日(火) 17:00 新規開店です、
おめでとうございます!!



もう一つ!
日本酒燦々50







毎年お酒好きを楽しませてくれてるイベント、
5月25日(水)17時~20時 アリスガーデンにて、
日本酒燦々、
当店でも(前売券)1500円取り扱ってます。



今日はお知らせだけです。
スポンサーサイト
2011/04/23(Sat) | ちょいとお知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
私達の元気を!
東日本大震災 被災地へ
日本酒義援金プロジェクトがはじまります

logo-middle[1]
















☆日本酒義援金とは?
お店で義援金ラベルの貼られた日本酒1升を飲み干すと
義援金500円が寄付できるしくみです、
飲むたびに私たちの元気が被災地へ送られる、そんな素敵なプロジェクトです。


☆義援ラベル
義援金付き日本酒は、義援金プロジェクトチームに参加している
酒屋さんで購入できます。

詳しくは
www.fightnippon.sake.net


主 催:日本酒義援金プロジェクトチーム
事務局:神奈川県青年醸友会




設立趣意書


日本酒義援金プロジェクトのご案内

このたびの東日本大震災により、多数の方々の尊い人命が失われたことに深い哀悼の意を表し、
甚大な被害がもたらされた被災地の方々へ心よりお見舞い申し上げます。

未曾有の大災害は、被災地の方々の生死に関わる深刻な被害をもたらし、
また、その大災害に連鎖する形での風評被害、各界の業務の停滞、飲食への自粛ムードなど、
さまざまな形で私たちの業界にもその影響は及んできています。

けれども被災された方々への思いは失わぬままに、
経済活動を続けることが許されている私たちは、日本酒により繋がれてきた輪によって、
さらに団結力を強め、その力をこそ被災地に送らなければなりません。

日本酒は、心身を優しく癒し慰め、人と人とを繋いでくれる「良き飲み物」、
長期戦も予想される復興への道のりの良き道連れとなれるはずのお酒です。

長く培われてきた日本の飲酒文化を通じて、蔵元、酒販店、飲食店、
そして愛飲家の一人一人が日本酒と関わることで被災地と繋がれるよう、
「日本酒義援金プロジェクト」を考案いたしました。

日本酒を愛する皆様方の一人でも多くのご参加を希望しております。

どうぞよろしくお願いいたします。

「 ファイト!日本 飲むたびにわき出る元気を被災地へ」


≪主旨≫ 平成23年3月11日に発生した「東日本大震災」により被害を受けた被災地へ向け、
      酒蔵、酒販店、飲食店、そして、愛飲家が一体となって
      日本酒義援金プロジェクトチームを結成し、日本酒の流通を介して義援金を募り、
      被災地支援を行う。
     義援金の寄付先は、今後の社会情勢等を鑑みて
      「日本酒造組合中央会」「日本赤十字社」等へ行う予定です。
      (寄付先はWEBページで公開します)。

≪目的≫  1 東日本大震災の義援金を集め、これからの復興へ貢献する。
     2 酒蔵、酒販店、飲食店、愛飲家が一体となって被災地を支援する形式のプロジェクト
      3 日本酒を介した飲食文化で景気を刺激し、日本の復興の一助とする

≪スローガン≫ ファイト!日本 飲むたびにわき出る元気を被災地へ

≪義援金名≫ ファイト!日本 日本酒義援金プロジェクト
      http://www.fightnippon-sake.net (PC)
       http://www.fightnippon-sake.net/m/ (モバイル)

≪主催≫    日本酒義援金プロジェクトチーム
 
    ※義援金プロジェクトに参加するすべての蔵元、酒販店、飲食店がチームを結成し、
     愛飲家を巻き込みながらプロジェクトを推進していきます。

   ※事務局 神奈川県青年醸友会内に置く
     住所 神奈川県厚木市旭町1-17-11 神奈川県酒造会館
        TEL 046-228-6194 FAX046-229-1253
         E-mail : info@fightnippon-sake.net

≪実施期間≫ 平成23年4月より平成23年9月末日まで(予定、延長する可能性もあり)
      4/12(火)より「鳥みき」(JR横浜線鴨居駅)からスタート!

≪目標金額≫ 当初は5,000本の義援金付き日本酒を販売、250万円が最低目標。

≪収支報告≫ 1ケ月ごとに報告。初回は2011/4/30。 2011/9/30に収支決算報告を予定しています。

≪実施方法≫ 日本酒1800ml1本に付き、500円の義援金を設定し、
       それを飲食店などで大勢の愛飲家で消費することで義援金を被災地へ送る。
       500円の義援金の内訳は、愛飲家、飲食店、酒販店、
       蔵元がそれぞれルールに沿って分担する。飲食店で義援金付きの日本酒を飲むと、
       楽しいアメニティシールが貰えたり等各お店で楽しい企画も予定されている。

※その他、お問合せや取材は事務局までお願いします。





少しでも私達の元気を届けることが出来ればと思います。
2011/04/11(Mon) | ちょいとお知らせ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
松尾の殿!
3月21日(祝日)
まだ寒い旧豊平、松尾きじ園へ、

恒例になった夏のきじは「竹鶴酒造の石川杜氏と煮酒と鍋」
はっきり言って汗だらだらの我慢大会のようです、

でもこの時期は鍋の湯気も心地よく快適な環境で美味しいきじとお燗酒を楽しめます、


お陰様で24名乗りのバスは一杯になり今回もにぎやかな会になりました。
雉行きバス.10jpg












ご参加頂いた中には、飲食店の皆様の顔ぶれもちらほら、

(渓)のごんべご夫妻、 (山人)の山平様、(菜豆)の屋島様、横山様、
(日向葵)の森永様、(大和屋)の横山様など、何か楽しくなりそうな予感が・・・

昼前にバスは無事到着し、早速会場へ、

今回のお酒は事前にリクエストをいただき、前日に送っておいた10本です、

皆様、そろってしっかりした味わいのお酒を選んで下さいました、

勿論、容赦無く煮酒へ、お燗番はヨッシー様、

今回は一本ずつやっつけていく作戦です、

乾杯は山人の山平様、
山平様乾杯.10jpg 宴風景.10jpg














乾杯後はご馳走が次々と出てまいります、
お料理.10jpg 前菜.10jpg コウチン肉団子.10jpg 照り焼き.10jpg 猪&雉串焼き.10jpg 落ち鮎塩焼き.10jpg 熱々鍋.10jpg














実はまだ沢山出て来たのですが、
楽しむことが忙しく写真撮ってません、
しかも肝心なお酒の写真も、

最後は雑炊を味わい、もう、お腹一杯!

松雄きじ園の皆様、おいしいきじさん達有難う御座いました、
また夏に来させて下さい。

そんなわけで、日が暮れる少し前にきじ園を後に、
一路広島へ、
まだ雪が・・.9jpg 豊平風景2.9jpg 雉.9jpg 集合写真.10jpg 帰りのバス.10jpg














おやおや、帰りのバスでもまだ飲んでらっしゃる!

そして、ほとんどの方が二次会にご参加下さいました。

二次会.10jpg











皆様、よく飲みましたねぇ!
お陰様で、ブチ楽しかったぁ~!


    おしまい











2011/04/09(Sat) | 楽しい企画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
地震、津波、原発、日本は今、本当に大変な事態になっています、

そんな時でも、花は咲きます、

花を愛でる余裕など到底無く、今を生きる事が精一杯の方々も沢山いらっしゃいます、

花見など、不謹慎だと不愉快に思われる方もいらっしゃるかと思いますがどうかお許し下さい。



広島市には六本の川が流れています、

東から二つ目に京橋川があります、今回誘っていただいたのはその川のほとり、

お花見開始時間は午前十一時、私が会場へ着いたのは丁度その頃でした、

既に沢山の人達が集まっています、

会費を払って早速参加させていただきました、

肝心の桜はまだ三分咲きくらいでしょうか?

ゴールデンガーデンさんの美味しいビールを片手に少しだけ咲いている桜を見て歩きました、

かすんだ空からは柔らかく優しい日差し、川からは乾いた風が心地よく、

とても穏やかな昼下がりです。

桜2.20jpg お花見会場.20jpg










美味しいと評判のお店が旨い料理を振舞ってくれます、

ビールの他も沢山の飲み物もあり次第に良い気持ちになってしまいます、

お花見会場2.20jpg お花見会場3.20jpg 美女軍団とわし.めがねjpg














ゆっくりと時間は過ぎ川辺から二次会へ、
二次会はいぶしぎんで、何と二十数名と再び楽しい時間を過ごせました、
掛井さんと福本さん.j20pg なぜか洗い物・20













カウンターの中にはゴールデンガーデンの福本様(奥)その隣は西条の掛井様(手前)

何故だか皿洗いをして下さっているお二人、有難う御座いました本当助かりました、

そしてその半分が三次会のビアスタへ・・・ここでもしっかり楽しめました、


ビアスタ始動.50jpg












とても楽しい一日でした、

楽しい時間・・・でも何故だか後ろめたさも、
二次会の参加費の半分は募金箱へ入れさせていただきました。



2011/04/07(Thu) | 面白い出来事! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
春ってどんな季節?
日中 晴れているとポカポカと春めいてきました、少し体を動かすと汗ばむほど、
でもまだまだ朝晩は冷え込みます、皆様がお風邪などひかれませんように、

春と言えば新しい出会いの季節、そして別れの季節でもあります、

彼が始めてご来店下さったのは一昨年の冬頃だったと記憶しています、

彼の名は今井様、お米所、越後は魚沼出身、広島は初めてという彼、勿論お酒好きです、

「綺麗でさらっとした口当たり、その上華やかな芳香を放つお酒はありますか?」

これが彼との最初の会話だったと思います、
残念ながら彼の希望に応えることは出来ませんでした、

「では、飲みやすいお酒を冷酒で・・・」と

未熟な私には彼の言う飲みやすいお酒を上手く選ぶことも出来なかった、
その時何を提供したのか覚えてもいません、

二杯目、彼は私が勧めるお酒を飲んでみたい、そうお申し付け下さいました、

私は困惑しました、
なぜならば、彼の好みは淡麗辛口、しかも華やかな香りを持ち合わせているそれです、

到底ご希望にお応え出来そうも御座いません、

ならば、本当に私のお勧めするお酒を飲んでいただこう、

手に取ったお酒がいったい何だったのか、実は良く覚えていないのです、

一合の半分は冷やで、もう半分はお燗にしてお出ししたのは間違え無いのですが・・・・

彼の反応というと、「冷たいよりも暖かい方が味わいが深い、」と

私にとって それはそれは嬉しいお言葉で御座いました、

それからの彼は、お越しの度に、お燗を美味しそうに召し上がって下さるようになりました、

最近では、色や味、香りを取り去ったお酒に違和感さえ覚えるらしいご様子です、

そんな彼はこの春、東京へご栄転なさいます、

そんな彼が落書き帳、または動くキャンバスと噂され始めたのは、確か・・・

2010年の12月クリスマスも過ぎ去り、巷はお正月を迎える準備で慌しいころだったでしょうか?

酔いつぶれた彼を見て、創作意欲を掻き立てられた芸術家達が一斉に新しい何かを生み出そうと、
創作活動を始めたのです、その場はたちまちアトリエへと、
鬼気迫る勢いの芸術家達を止められる者は誰一人居ませんでした、

目の肥えた人が見れば素晴らしい作品なのかも知れません、

私のように芸術と縁遠い者が見ると、只の落書きにしか見えませんでした、

その頃から彼は落書き帳と呼ばれるようになったのです、

そして先日、落書き帳こと今井様の送別会をひそかにさせていただきました、

午後三時から始まるその会、参加して下さったのは、総勢二十一名様、

残念ながら主役である彼は1時間以上遅れて現れました、

彼が現れるまでは、彼と親しい品川様がお持ち下さった、

焼き饅頭(やきまんじゅう)の会と言うことになったようです、
焼き饅頭とは、群馬県の郷土料理らしく、私は始めての体験でした、
焼き饅頭品川さん目隠し 焼かれてる饅頭 たれ付けられてる饅頭


















先ず、饅頭の両面を焼き、味噌たれを刷毛で塗り、更に焼きます、
それを二回繰り返すと表面サクサク、中フワフワに仕上がり味わいある一品でした、

焼き饅頭 中々燗酒と合いました、品川様有難う御座いました。


我々が焼き饅頭を楽しんでいる最中、この日の主役今井様の登場

お集まりになられた皆様はすでにほろ酔い、

早速、今井様、ご挨拶をなさいました、
その素晴らしいご挨拶に目頭を押さえていらっしゃるご婦人方のお姿も御見受けいたしました、
今パソコンに向かいながら熱い物がほほを伝っています、

落書き帳挨拶25





















皆様に持ち寄っていただいたお酒も気が付けば空瓶の山に、

さて・・・そろそろお開きに、時間も丁度よろしいのでは・・っと!

そう思った私は思わず自分の目を疑いました、

なぜなら、空瓶だらけのカウンターの上にドドォンと大量のビールが置かれているではないですか、
しかもブルーマスターが・・・

「きっとnaoto dateがこっそり置いたのだ・・・」

我々は感謝してそれをいただきました、
いつの間にかブルーマスターの会?














そのビールを楽しんでいる間に、落書き帳に書き込みが始まりました、
落書き帳の落書き20

















前面は著作権や御見苦しい、などの問題もありますので、
作者様の許可は御座いませんが背面のみ、アップさせていただきました、

そしてこの日新しい落書き帳が誕生しました、
偶然にもその瞬間をカメラに収めることが出来ました、
メイク中副部長20 110327_192033.jpg
















その素晴らしい出来栄えに居合わせた皆様、随喜の涙を流しお喜びになられていました、
素晴らしい作品を一枚だけアップさせていただきます、

新落書き帳左.30jpg


















こうして、新しい落書き帳の誕生などおめでたい出来事も重なり楽しい会もお開きに、

今井様、短い時間では御座いましたが楽しいお付き合い有難う御座いました、

今井様ならどちらへ行かれても皆様に愛され楽しく過ごされることでしょう、

またいつの日にかお会いしましょう、どうかお元気で。





瑞穂の川漁師のご兄弟からお別れのメッセージをお預かりしていました、
兄左:「今ちゃん、ゴールデンウイークにゃぁ、
     わし等二人で旨い魚をえっととっちゃるけぇ、遊びにきんさいの」

訳: 【今ちゃん、ゴールデンウイークには
     私達二人で美味しい魚を沢山捕獲します、遊びに来て下さい】

弟右:「雪解けの川の水はひやぁがの、わしが腰まで浸かって
     やっちゃるけぇまっとってつかぁさいや、」

訳: 【雪解けの川の水は冷たいけれど、私が腰まで浸かって
     やりますから待っていてくださいね】

川漁師兄弟めがね










今年は新屋さんに新しい捕獲の罠を発注なさったみたいですね、
さぞや沢山獲れる事でしょう、お二人の気合が私達にも伝わってきます、
今井様、ゴールデンウイークにはご兄弟が美味しいお魚を振舞って下さるみたいですよ、
今から楽しみですね、心温まるメッセージ有難う御座いました。
   


2011/04/03(Sun) | ??? | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。