スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
福岡!
sake hopping hakata (サケホッピングハカタ)
前回ご紹介した福岡で行なわれますお酒のイベント!
私もネッスンドルマさんのお手伝いをさせてもらえる事になりまして、早速打ち合わせ?
そんな大義名分の元行って参りました福岡!

ネッスンドルマの芝様にお会いし、お話をさせてもらう事が一番の目的です!

が・・・
外食する事も我々の様な飲食業を生業としている者は勉強! そう!勉強の為なのです・・・・

と言うわけで、最初に目指したお店は高砂の『かんすけ』 しかし『かんすけ』さん・・・・大阪へ研修だってぇ~

ワシが広島から行く日に留守なんて・・・・残念じゃのぉ~

そんなこんなで一つの目的を失った私を救って下さったのがネッスンドルマの芝様!

彼女が教えて下さったお店は・・ジャジャジャジャァ~ン!!
25DSC_0280.jpg
その名もズバリ!『酒場おっとん』西鉄平尾駅からちょっとだけ歩けば着いちゃいますイェ~
おっとん・・?
おかん(母親)  おとん(父親)
お父さんのお店なの?

開き戸風の扉・・・押しても引いてもびくともしません・・・・施錠されてる!まさか・・・休み?

いえいえ・・・開き戸ではなく引き戸でしたいとも簡単に扉は開き店内へ、
そこはお燗酒のパラダイス
酒の肴も素敵!
 
トリッパや鶏の炙り焼き、モツ煮込みにチヂミ等々・・・
25DSC_0279.jpg
お手洗いにはこんな↑小物もさり気無く有ったりして やっぱり燗酒が旨い!!
なんて書いてあったりして!
『酒場おっとん』感じの良い青年が切り盛りされたいました。
ご馳走様でした また行かせてもらいます。


のんびり食事を済ませ時計に目をやれば柴様のお店に向かうのに好都合です。
幸いタクシーも直ぐつかまり西中洲の『ネッスンドルマ』さんへ
ここは、何度伺わせてもらっても癒される不思議な空間です。
25DSC_0282.jpg
25DSC_0283.jpg
時間がゆっくりと過ぎて行きます。
とても幸せなひと時でした!
25DSC_0288.jpg
芝様、有難う御座いました。


くどいかも知れませんが居酒屋いぶしぎんはsake hopping hakataこのイベントにネッスンドルマのお手伝いとして参加させていただきます。   皆様 是非来て下さいね!



スポンサーサイト
2015/02/25(Wed) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
4月は忙しい!
25DSC_0349.jpg

sake hopping hakata(さけ ほっぴんぐ はかた)
4月12日(日)
福岡国際ホール(天神 大丸横 西日本新聞ビル16階)

入場料 前売 1000円
      当日 1200円

1部  11:30~14:00
2部  15:30~18:00
2部制
2月11日よりチケット販売開始! もう販売しています。

素敵なお店9店と素晴らしい酒蔵9蔵・・それから美味しいお醤油蔵が待ってる はしご酒イベントです!

居酒屋いぶしぎん もネッスンドルマさんのお手伝いで参加させて貰ってます  イェ~!!



25DSC_0348.jpg
地ビールフェスタinひろしま2015!!
i love beer
4月18日(土) 19日(日)の二日間
旧広島市民球場跡地  入場は無料!!
ビールはチケット制
フードはキャッシュオン
詳しくは 082‐248‐2657  golden gardenゴールデン ガーデンさんまで!!

居酒屋いぶしぎん でもチケット販売しています。


25DSC_0346.jpg
呑めばわかるさ 純米魂2015!
4月26日(日)
米子コンベンションセンター1階多目的ホール
チケット7000円(税金 飲食代金込、特製猪口付き)
12:45会場
13:00開宴
15:30閉宴

居酒屋いぶしぎん も粉家こん吉堂さんの手下として参加させてもらいます イェ~!!


忙しい4月になりそうです。
2015/02/24(Tue) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
初心・・?
先日の話です。
鳥取県へ行って来ました。
私が日本酒を主に扱う居酒屋をやり始めるきっかけを下さった『酒屋乃えんどう』さんに会うために。

居酒屋を始める経緯は随分前にブログに書いたと思うので省略。

25DSC_0023.jpg


これが私にきっかけをくれたお酒です、名前は『いぶしぎん』 私の店の名前もここから頂きました。
私がその酒に出会った当時、島根県の大王酒造さんが醸していらしたのですが 諸事情により現在は鳥取県の大谷酒造さん(鷹勇さん)が醸しています 『酒屋乃えんどう』さんのオリジナルブランドです。

そう言えば いぶしぎん 開業当初、社長(奥様)は、お燗酒を主力商品にする事をとても嫌がっていました。
その頃といえば、焼酎ブームの走りでこれからブレイクする!そんな時代でした。
しかし社長が嫌がるのはそんな事ではなく。仕事が増える!という理由からでした。
今では燗をつける事を楽しんでくれとても美味しい燗をつけてくれて私も安心しています。

その当時は『燗を主力にするのなら店の手伝いなど止める!』 などと毎日の様に脅迫されてた事も今では良い想い出です。

何故?燗酒を毛嫌いしていたのでしょう?

その理由はズバリ めんどくさい!

その気持ちも理解出来ます、何故なら ひや酒は水をグラスに注ぐのと変わらない仕事量です。
それに比べ間酒は手間も提供時間も何倍にもなってしまいます。
その上 場所も取り, かけなくて良い光熱費まで発生します。

出来るだけ楽をして金儲けするなら 冷やした酒をグラスに注ぐだけが一番です。
更に言えばグラスの下に受け皿や枡等を置きその上のグラスになみなみと酒を注ぐと計量の手間さえも省けます。
徳利や方口で杯や猪口等で さしつさされつ 等とシェアしながら飲んでもらうより、
これは私の分、それはあなたの分、酒をシェアすることも無く 一人ひとりが一つ飲んでもらえれば売上は倍増!

同じ値段で酒を売るなら燗酒なんてやってられない!!面倒だし!!

なんて・・・当時は毎日 不機嫌になってたなぁ~

あっ! これをお読みになった皆さん、勘違いしないで下さい、私は冷酒やひや酒がダメ!だなんて思っていません。
どんな温度でも美味しく飲める。
気分や合わせる料理で温度を変えてみるのも楽しいでしょ?

ただですね・・・・冷やさなければ飲めない!
          燗にすると味わいがなくなる酒!
          料理酒として使う事も難しい酒!
          低温で保管しなければ品質を保証出来ない弱い酒!

これ等はどうなのかなぁ~????  って思ってしまいます・・・・

数年前からですが。注文を受けた酒の半分はそのままの温度で、もう半分は燗酒にして 味わいや風味の違いを楽んでもらえる半分飲み比べも文句も言わずやってくれてます。
有り難い事です。

そう言えば もう少しで開業十五年 皆様のお力添えで無事迎えられそうです。
心から感謝しています 有難う御座います。

2015/02/04(Wed) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。