スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
福岡は熱かった!
九州だからと言って 暑い!では無く  熱い!です。
何の話かと言いますと、先月4月のイベントの話です。

sake hopping hakata(サケ ホッピング ハカタ)!
日本酒のイベントが文字通り 博多で行なわれました、二部制で。
20%看板DSC03966

去年私は一般の客として参加させて貰ったのですが、今年は(ネッスン ドルマ)の柴様にお声をかけて頂き、ネッスンドルマさんの料理担当として参加させて頂きました。

提供させて頂いた料理はかしわ飯のキッシュ。
前日の明け方までキッシュを焼きまくって冷まし車に運んで広島を未明に出発!
20%キッシュ仕込みDSC_0006(1) 20キッシュ20150412_111444

キッシュをアテに勧められたお酒は 鳥取の銘酒 日置桜!!
20%芝笑えDSC_0011(1)
もちろんお燗がお勧めなのは言うまでもありません。
20%お燗DSC_0012(1)

開場するとたちまち会場は満員!!
20%会場風景DSC03993

お酒もおつまみも大忙し!

博多のとても熱い一日でした。

いぶしぎんはこんな素敵な皆様と一緒に楽しませてもらいました。
20%集合DSC03990

お声をかけて下さった柴様、日置桜の山根様、全スタッフの皆様、
ご来場下さった皆様、有難う御座いました。

皆様の楽しそうな笑顔に出会え日本酒の楽しさをもっと多くの方々にお伝えしたいと強く感じました。

楽しかった!
広島でもやりたい!!



スポンサーサイト
2015/05/22(Fri) | 日本酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
温泉津良い所、一度はおいで!!
島根県の温泉津は温泉町です。
漁港も近くに有り、湯も良し!魚も良し!とくれば、後は・・・・?

えっ?     女・・・?   なんて事を言うのですか?
                 私は恥ずかしい!!

湯、魚、ときたら、ほら・・・・あるでしょ?


そうですよ!酒!  お酒でしょ!!


そんな温泉津には旨い酒が有るんですよ!!

その名も 開春 (かいしゅん)!!!
決して回りません!開くですからね。
お間違えの無い様にお願いしますよ。

そんな、開春に行って来たのは、桜が綺麗に咲いていた そんな頃でした。

今回もバスを借りて、大勢で押しかけました。

まだ造りも沢山残ってる状態で皆様お忙しく働いていらっしゃる そんな中お邪魔いたしました。

今回も数軒の飲食店さんのご参加がありました。

海千山千様、
いちか様、
まるきゅう様、
の三店様と一緒に行って参りました。

広島から大朝インターチェンジまで高速道路で、
何故?大朝で降りたのかって・・・?

その答えはまた 後ほど。

程なく開春に到着。

早速蔵へ!
そこには若林社長、そして山口杜氏、蔵で働く皆様が出迎えて下さいました。
20若林社長DSC_0079
20%竜馬さんDSC_0084

蔵の中の見学を済ませると、この日までに搾った生まれたてのお酒を きき酒! いえ・・・もはや飲酒!!
20%聞き酒DSC_0081

きき酒をひと通り楽しんだその後は、食事!勿論 社長と杜氏も一緒に!!
20%乾杯前DSC_0091
20%酒DSC_0086

美味しいお料理と合わせるとお燗のお酒は益々冴えてきます!
しっかり飲み食いすると 今度はお風呂!!
折角温泉町に来たのだから。お風呂から上がれば、今度は卓球と!楽しい時間はまだ続きます!

しかし・・・・時は流れ・・・帰る時間が迫って来ました。

それでは、集合写真をパチリ!
20%集合DSC_0114

集合写真を撮っていたその時間!まだのん気にお風呂につかってて写真の中にいらっしゃらない方がお一人!
そして、しっかり写ってる大きな男!!

この間ご紹介させて貰った?玉櫻の兄弟!!
このお二人、熱心に山口杜氏に質問してたなぁ~

今回ご参加下さった皆様、開春の皆様 有難う御座いました!!
2015/05/20(Wed) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
まっさん!?
10竹鶴朝2
竹原の竹鶴酒造へ今年もお邪魔させて頂いたのはもう随分昔の様な・・・・
NHKのドラマの影響で見学希望者が多い中、快く受け入れて下さいました。

まだ日の出前に広島を出発し竹原へ到着したのは8時前でした。

到着早速蔵へ!
甑からは勢い良く蒸気が天に向かって立ち昇っていました。

程なく甑の布は外され銀色に蒸された米を蔵人がスコップで放冷機へ手際良く掘り始めます。
25甑

25ひねり製作
蒸し上がったばかりの熱々の米を一握りつかみ板を使ってひねり餅を杜氏の石川さんが あっ!!と言う間に作って下さいました。
それをオーブントースターで焼き、皆で食べました。
もち米のそれと比べると伸びたり粘ったりしないものの、表面はパリっ!と香ばしく噛み締めるとお米の力強く控えめな旨みを感じます。
餅と煎餅を合わせた様な・・・?  そんな感じです。
思わずニッコリとなってしまいます。

25ひねり

25ひねり餅試食?

ひねり餅を頂いた後、蔵見学 開始です。
モト場や醪、室 等を杜氏の詳しい解説を聞きながら。
複雑な製造過程をオヤジギャグを交え分かりやすく伝えて下さいます。

室では一緒に米を混ぜさせて下さったり、醪に櫂入れをさせて下さったり。
少しだけですが貴重な体験も出来ました。
25室

昼食を挿み二階にありますきき酒の部屋へ。
勿論、きき酒をする為に!
25きき酒

きき酒は苦手!生のお酒ばかり・・・どれも良く切れててアルコールが高い!
どの酒も旨いのですが、秋以降が楽しみな物が多かった?  ・・・・かな?

25集合?


最後に綺麗所と杜氏だけで・・・・パチリっ!



石川杜氏、蔵の皆様、
仕込みでお忙しい中どうも有難う御座いました。

と・・・今頃・・・呟いてみる。
2015/05/17(Sun) | 日本酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
二週続けて!
一週間のご無沙汰です!
そんな感じで立て続けて玉櫻様へお邪魔です。

今回は日帰りだけどバスを仕立て大人数で・・・!

25DSC_0327.jpg

今回は美味しいお酒とお料理を出されてる素敵なお店の方々も多数ご参加下さいました。
どのお店も純米のお燗酒をお料理に合わせて楽しめ私も贔屓にしているお店ばかりです。
ちょっとご紹介します、このブログをご覧になったそこのあなた!
お店の名前で検索して行ってみてみて!!

皆様よくご存知の『山人』さん

うちのご近所、冷やしたお酒はありません・・『いちか』さん

隠れた名店中華と燗酒が楽しめる『むしやしない』さん

おしゃれな店主とおしゃれな料理『茶の間』さん

東広島で絶妙な燗酒とシビレるほど旨い鮓を握って下さる『大東』さん

こんな豪華な方々と一緒に玉櫻の蔵見学!

25櫂入れDSC03802

一通り 蔵を案内していただいた頃・・・腹の虫が騒ぎ始めるそんな時間になってます。

うるさい腹の虫を養う、そんな意味の『むしやしない』さんと一行は瑞穂の自然食バイキング料理のお店『京ら屋』さんへ!

この日は特別にお父さんが蕎麦を打って下さいました、なんと贅沢な!

25そば

他にもご馳走がずらりと・・
25京ら屋ご馳走1DSC03822
写真はほんの一部です!

勿論お酒は全て玉櫻!
25%酒リスト
横になってしまいましたが1斗+α!

当然の様にお燗にされます。
今回のお燗番は 大東様!
25お燗番DSC03843
少し遠慮されてる感じが高感度を上げますねぇ・・・

勉強になります!

25%食事2

いつも感じますが 楽しい時間は何故早く過ぎて行くのでしょう?

美味しい料理とお酒、素敵な皆様!  私 小牧もすっかりご機嫌です。

そろそろ帰らなければ!   と、その前に集合写真を!
25集合2DSC03870

玉櫻の皆様、京ら屋さん有難う御座いました。
ご参加下さった皆様感謝です。

って・・・ここで終わるほど皆様は甘くない!!

楽しく美味しい余韻にひたりながら広島でまったりとしっかりと残酒の処理をしましたとさ。


おわり。






2015/05/09(Sat) | 日本酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
玉櫻(たまさくら)と言う名のお酒をご存知でしょうか?
島根県邑南町にその酒蔵はあります。

玉櫻さんの事はこのブログでも何度かご紹介させてもらったかと思います、大きな若い兄弟が旨い酒を醸しています。

その玉櫻さんへ2月のある日雪の中お邪魔させてもらいました。
泊りがけで・・・

玉櫻さんに向かう途中小腹が空いてきたので ちょっと寄り道。
25さがわDSC_0313

蕎麦の会で大変お世話になってる旧 豊平、現 北広島の佐川さんの旨い蕎麦を頂く為に立ち寄らせてもらいました。
お店の外は冷たい風と雪!
お店の中は暖かく幸せな空間です。

そして程なく私達の前に出て来た蕎麦!
25そばDSC_0314

更に幸せは増すばかり!
これに熱い酒があれば・・・

そんな贅沢は言いません。
佐川さん大満足でした、ご馳走様でした。

あっと言う間に美味しい蕎麦を平らげ佐川さんを後に。

雪は容赦なく降り続き路面にも薄っすらと積もり始めました。
雪道はきらい!!

無事に蔵へ到着!
早速 蔵見学と思いきや・・・お手伝い?
25室DSC_0318

外に降り積もっている雪の様に白い米の塊!
ここは室(むろ)と呼ばれる場所、麹米を作る場所です。
この中の温度は34℃まるで夏!  外が吹雪いてるなんて想像も出来ない熱い空間。

一仕事すれば汗が流れます。
汗でシャツが湿ると室の外の仕事が寒い為、
他所の蔵では上半身裸で作業する場合が多いのですが、ここではシャツを着て作業されてました。

私は一足先に厨房へ行き晩御飯の準備を、この日の夕食は鍋!
その他もろもろ?

晩酌のお酒は言うまでも無く玉櫻!
楽しい宴の途中でも杜氏は室へ、大変な作業が続き美味しいお酒が生まれるんでっすね。
米を作って下さる農家さん、そして手間を惜しまず地道にお酒を醸して下さる蔵の方々に感謝です。

そして朝は駆け足でやって来ました!
時間は6時前・・・・普段は寝床へ入るそんな時間・・

急いで着替え顔を洗い蔵へ、 すでに作業は始まっていて 白く熱い蒸気がモクモクと甑から立ち昇っていました!

25甑DSC_0329

ここでも手伝いと言う名のお邪魔をさせて貰い更にお礼まで言われ、少し気恥ずかしい感じです。

その後 杜氏のお母上様に上手くのせられてウッカリ皆様の朝食を作らせていただきました。

私はこの辺りで時間切れ、仕入れや仕込みのため広島へ帰りました。


酒造りのお忙しい中櫻尾ファミリーの皆様大変お世話になりました。  感謝!

2015/05/09(Sat) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。