スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
● Vol.13 山陰の蔵其の四---------- 2007/03/08(Thu) 03:24
ひと通り、見学して、貯蔵タンクを見ていた、

初めて目にする米の名前が書いてあるタンクを発見、

『ヨズク米』と書いてあった???

なんと言う米か早速杜氏に聞いてみた、
答えは米の干し方(はぜ)のことだそうで、この地方の干し方らしい、

しかもこの米で造られている酒は、酵母無添加の生酛造りらしい、

味をきいて見た、やはりまだ若いのですが、ふくらみがあって、苦渋も、程よくあり数字より酸を感じた、
香りも穏やかで、少し麹米の(焼いた栗のような)感じが有る、
まだしっかりと味が出ていないけれど、この先、お燗向きになること、間違い無いと思いました。

しかしこのお酒は物量が少なく、地元用なのだそうです、
火入れの後、飲み頃はいつになるか分からないけど、じっくりと飲んでみたいなぁ!
20070316021900.jpg

スポンサーサイト
2007/03/16(Fri) | 日本酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ibushiginkanzake.blog93.fc2.com/tb.php/13-4db69b3b
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。