スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
金尾工務店?
11日の日曜日の出来事です、
大和屋酒店様のお誘いで、三次の美和桜の蔵開きに参加させて頂きました、
広島からバスにゆられて(途中半分以上寝てましたが・・・)三和町へ、     
車内では、謎の噺家、鯨韻亭馬笑九による落語も有りまして、あっ!という間に美和桜へ・・

蔵元の坂田様がバスを出迎えて下さいました、

今年は暖冬と思っておりましたところ、なんと雪が・・しかもちらほらではなく、しっかりと舞っておりました、

蔵にはすでに先客がいらっしゃって随分と賑やかでした、
そして、寒い中、地元の方たちが狐やヒョットコのお面を付けて太鼓に合わせての楽しい行進?があり(寒い中有り難う御座いました)
蔵元様の挨拶の後、振る舞い酒を頂きました、

どの酒も今年搾ったばかりのお酒で、フレッシュな味を少しだけ楽しみました、

先客様がお帰りになった後、蔵の二階で篠笛や落語がありまして、
皆様が楽しんでおられたすきを見て、
金尾杜氏と蔵の中を一緒に回りながらじっくり話しをしました、
流石、金尾工務店、蔵のあっちこっちをご自分で手直ししていらっしゃり、あまりにも本格的なのにはビックリしました、

この杜氏さんの造る酒は、香りの高い吟醸酒~山廃純米のように味わい深く熟成のきく燗上がりする酒まで幅広い味を造る器用な方だと知っていましたが、  まさか工務店仕事もここまでやっちゃうかぁ?と改めて関心しました。

写真は、工務店自慢の壷台ころころ、20070317044501.jpg

20070316022216.jpg
と、自慢の工具を説明中の金尾杜氏です。
スポンサーサイト
2007/03/17(Sat) | 日本酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ibushiginkanzake.blog93.fc2.com/tb.php/16-57674189
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。