スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
第三回 白鴻、呑み切会
もうこんな季節ですか?
酒蔵では、初呑み切も終り、朝夕はすっかり過ごしやすくなりました、
益々お燗酒が美味しく頂ける季節になり、(年中旨いですけど・・・・!)晩酌が一段と・・・!

とわ言え、日中はまだまだ残暑が厳しい!!
そんな日曜日、にぎやかな蝉時雨の中今年も参加させて頂きました、
白鴻(はくこう)さんの呑み切会、会場はグリンピアせとうちです、
グリンピア瀬戸内昼
景色はまだ夏を思わせます、

おどろいたのは、参加されてた人数の多いこと、去年の倍はいらっしゃったように思いました、
白鴻のお酒に興味を持たれる方が増え嬉しいことです。
白鴻こも樽
今年は、大土井先生(広島県の酵母の開発や酒蔵への指導をなさってらっしゃる)
の酵母の働きなどのお話があり、大変興味深く聞けました、
大土井先生有り難う御座いました。

そして、肝心のきき酒は?
呑み切りのお酒
インフルエンザへの御配慮で各自プラスチィックのコップへ スポイドでお酒を適量入れてからの
きき酒でした、コップが小さいと中々難しいものです、(本当はきき酒苦手・・・)

普通酒、梅酒など合わせて全部で五十種類、これらを全て香りを確かめ、口に含み、含み香をそして
吐き出して余韻などを感じて評点や熟度、寸評を書き込んで行くのですが、
吐いていても目から鼻の周りだけ変な酔い方をしてあまり気持ちの良いものではありません。

私は純米酒の60%~65%精米のお酒達が味も価格的にも扱い易いように思えました、
梅酒は酸(クエン酸)がしっかり有り苦味も程よくとても美味しかったです、
どのお酒も大変良いのですが、
もう少し苦渋酸があったらもっと食中酒として楽しめるような気がしました、

楽しい?きき酒の後は、もっと楽しい懇親会、広い会場一杯にお膳が並べてありまして、
中々の迫力!こんなに沢山いらっしゃるなんて、改めて素晴らしいことです、
懇親会会場  呑み切りのお酒懇親会
今年も素敵なお料理をいただきながら、きき酒した全てのお酒の味を確かめられ、
改めて、食中酒とはどんな物なのか確認出来ました、
料理1 当然?燗?
今回はお燗にして楽しまれていらっしゃる方が弱冠増えていたように感じました、が・・・まだまだ少ない・・・・・
途中の余興で今年もまた、鯨飲亭馬笑九(げいいんていばしょく)さんの落語などがあり
盛り上がった?下がった?(面白かったけど、長ぁ~ぃ?かな?)
馬笑九さんの落語
こんな感じで時間はあっと言う間に流れ、宿泊しない私達は帰る時間、
盛川兄弟
仲良しの盛川様御兄弟に見送られ安浦駅から家路へと これまた楽しい酔っ払いの小旅行・・・・

盛川様、大変勉強になりました、有り難う御座いました、
スタッフの皆様、お疲れ様でした、
次の造りも安全第一で頑張って下さい、来年のお酒もワクワクしながら待っています。








スポンサーサイト
2009/09/09(Wed) | 日本酒 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
--お疲れ様でした--

見送り後、12時まで延々と続きました。

お酒についての批評は・・小牧さんの思われてるとおりでしょうきっと。
by: たく@酒遊倶楽部 * 2009/09/09 07:29 * URL [ 編集] | page top↑
----

たく@酒遊倶楽部様
お疲れ様でした、二次回は楽しかったですか?
今度はリーガでお会いしましょう。
by: ブーです、 * 2009/09/10 03:26 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ibushiginkanzake.blog93.fc2.com/tb.php/203-339b1a79
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。