スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
京都の夜其の二どすぇ~!
【馳走 いなせや】と阪本様と別れ、一行は次なるお店へと向う、
幸い、この辺りからそんなに離れていない場所に目的のお店【日本酒バー膳】さんはあった、
ビルの最上階?5階?で其のお店は静かに我々を待っていた?
そこにはパンチパーマの紳士が一人、静かな笑みで迎え入れてくれたのだ、
早速、カウンターとテーブルを独占し、京都での大人の時間を楽しんだのだった、
しかしこの頃になると、一人そしてまた一人と意識を無くす者が現れ始める、
早朝から、早馬を乗り継ぎ、神社を巡り、
幾つもの手強いお店を乗り切ってやっとの思いでこの場所へたどり着いたのだから無理も無いかも知れない、
そして・・・・力尽き倒れた者の頭上には・・・・
いたずら!
情け容赦無く、うこんの塔が建てられてしまう・・・・なんとも恐ろしい事だろうか?
この時点で脱落者は二名、大人のひと時を【日本酒バー膳】さんで過ごした我々は、
【魚とお酒・ごとし】へ、先ほどの大人の雰囲気とは打って変わり、明い店内、
しつかりと美味しい酒の肴にお酒、間違いなく、最後を締めくくるお店では無い、
もし再び京都へ行く事が出来るなら、脱落者が出る前に楽しみたい店の一つではなかろうか?
そして、このお店を後にしたのは、午前四時少し前だったと記憶している、
京の都は暗闇が支配し静まり返っていた、冷たく乾いた空気に包まれた私達は、
宿泊場所へ真っ直ぐ帰れば良いのだが、
旅の開放感のせいだろう、魔法の水を呑み過ぎた私達は満腹であるはずのお腹を抱え、
ラーメンを食べに・・・・ラーメンの話、今日はしますまい・・・・!




スポンサーサイト
2010/02/03(Wed) | 旅? | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ibushiginkanzake.blog93.fc2.com/tb.php/235-0955fcee
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。