スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
西條鶴
西條鶴看板
の宮地杜氏にお誘いいただき、見学に行かせてもらいました、
参加者は私を含め十名、この日JRで人身事故があり、西条までの道のりはいつもより遠く感じました、

何故、杜氏は見学日をこの日に指定したのでしょう?
それは、この西條鶴も、この冬から生モト造りを始められるそうで、
当然、山卸摺りもやりますよね、その山卸の見学、そして体験をさせていただける、っと言う訳です、

先ず、西条の掛井酒店様で待ち合わせ、掛井様のお店から西條鶴までは徒歩2~3分、目と鼻の先、
この日の一番摺りは、十時三十分から、

到着すると直ぐに二階のモト摺り場へ、半切り桶は、二つ用意されていました、
桶の中に手モトを済ませたお米が入っています、
西条鶴モト摺り
早速にモト摺りを開始、二人一組で互い違いに成る様、交互に摺って行きます、
少し、気になったのは、竹鶴さんのそれと比べ、柔らかく楽に摺れてしまったように感じた、

一番が終り、伊野本様の優しい奥様の手料理を御馳走に成りました、
西条鶴お食事 粕汁とおかず
鶏の唐揚げや奈良漬、切干大根の煮物、粕汁に梅干、
どれも美味しくて、嬉しい昼食でした、
特に温かい粕汁は、白味噌仕立て、野菜も沢山入っていて歯ごたえも良く、
おつゆは上品な甘味としっかりと出しの効いた旨みとコク、
冷たい小雨が降る冷えた体に染み渡る美味しさで、思わず、お代わりをしてしまいました、
身も心も温まる美味しい昼食でした、感謝感激、

さて、蔵の御好意で、腹ごしらえも出来たし蔵の中の見学、
そして、二番摺りです、
当然、一回目よりも柔らかく櫂は滑らかに動きます、
モト摺り風景2 モト摺り中2番 モト摺り2番 宮地杜氏

二回目を終えお米はまるで白和えのお豆腐状態に、
一回目と二回目では、モトの味も違ってきて面白い、
この二回目のモト摺りが終り、三番は17時過ぎと伝えられ、そこまで蔵に居ては御迷惑なので、
この辺りでお暇いたしました、

伊野本様、宮地杜氏、貴重な体験をさせて下さり、有り難う御座いました、
奥様、大勢のお昼ご飯 御馳走様でした、美味しゅう御座いました、

蔵の玄関まで見送りに出て頂き、恐縮しながら蔵を後にしました、
西条鶴玄関

其の後・・・・ですか?
これだけ酒好きが集まり、解散とはとても考えられないでしょ?

当然、御座いました、広島へ帰って、新たに仲間も加わり、
そのお話は、又・・・・今度、







スポンサーサイト
2010/02/12(Fri) | 日本酒 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
コメント
--それでか・・--

なんで、きもとがああなったか・・。
by: たく@酒遊倶楽部 * 2010/08/30 16:36 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ibushiginkanzake.blog93.fc2.com/tb.php/239-5a399f80
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。