スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
びしょ鍋の櫂?
広島へ帰って来ました、一行は、今日の反省?をするため、
密かにあるビルの二階に集まった、
何の反省か?何の為に反省するのか?誰一人分からないまま、皆、テーブルに付いたのだった、
各テーブルの上には、分厚い鉄板が、その下にはガスコンロが一組づつ置いてあり、
その鉄板の脇には、塩、胡椒、油、そして純米酒が並んでいた、

反省する者達の手には酒の瓶が・・・・
びしょ鍋のお酒
果たして彼らの目的は・・・?


そうです、もうお分かりですね、【びしょ鍋】です、決して【美酒鍋】ではありません、

びしょ鍋に出会ったのは・・・もう随分昔のように思える・・・・

落語の会の後、西条へ行き、竹鶴酒造の石川杜氏のお宅で、
びしょ鍋の旨さを教えていただいた、あの夏の夕方・・・
20070802015635.jpg 20070802015726.jpg

あれから何度びしょ鍋を食しただろうか?
何度食べても、あの日、石川杜氏に食べさせてもらった あの味より旨いびしょ鍋を口にしていない!

鉄板の上で色付くニンニクの香り、皮はパリッ!噛み締めればジワリと染み出る地鶏の奥深い旨みと食感、

特にお気に入りは肝!表面は良く焼けている、だが中はまだ柔らかい、しかしちゃんと温かい、
溶き卵に潜らせ、口へ運ぶ、
少しでも歯を立てようものなら、トロォ~リ!と口一杯に深い肝の旨み、
そして煮切られた酒のコクが口から鼻へと広がりながら抜けてゆく、
喉の奥へと消えた後もしばし余韻と言う快楽を残してくれる、
その心地良い余韻に浸りながら口の中へ注ぎ込む燗酒の旨さときたら・・・
鶏の旨みが染み込んだ鉄板で蒸し焼きにされた野菜達が口の中をさっぱりさせいくらでも食べられる、

今日はあの日の味に近づく事が出来るのだろうか?
期待と不安の中で反省したことの無い反省会は始まった、
びしょ鍋3 びしょ鍋2

確かに旨い、楽しい・・・しかしあの日のびしょ鍋の味には及ばない、

気になるあのお酒達はどうなったのだろうか?
燗酒大魔王髭
燗酒研究一筋の二人の博士の手により色々な実験が行われていた、
煮酒、燗冷まし、それを再びお燗に・・と様々なストレスを与えられたそのお酒を、
私達は何も知らされないまま飲まされ、その反応の記録を収められていたのである、
そして二度と再び冷酒を飲む事が出来ない体にされてしまうのである、(なんちゃって!)

全てのお酒をすっかり飲み干し、満足したはずの一行は、

まだ反省が足りない!

そんな訳で、二次回へ・・・
二次回に選ばれた場所は、
今年開店したばかりのお店、串焼きと日本酒の「あいさん家」へ・・・・
そこで二人の男と合流した、
何と周年祭で賑わったであろうあの、GOLDEN GARDENからの生き残りの二人である、

流石の二人もかなり疲れている様子で、いつの間にか意識が遠のいて行き、
深い眠りへと落ちて行った・・・・
いたずら3色眼鏡 いたずら4色眼鏡 いたずら虹色

眠りに落ちた者は頭に何か乗せられるのがこの会の掟なのだろうか?
このような光景を私は何度も目にしている・・・・なんと恐ろしい会であろうか、
容赦無いこの仕打ちに私は言葉を失った・・・・

結局誰一人、反省することも無く、只夜は更けてゆくのであった・・・・

そして三次会もあったとか、無かったとか・・・・・?!

相原様、突然、酔っ払いの集団が押しかけ、御迷惑をお掛けしました、

   又、行くんだけどねぇ~!反省して無いしぃ~!
















スポンサーサイト
2010/02/16(Tue) | 日本酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ibushiginkanzake.blog93.fc2.com/tb.php/240-5cdcc431
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。