スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
春の山歩き
春の山を楽しんで来ました、
春と言えば、新緑、花見、そして山菜、
季節を告げる一品、
山菜盛り
山菜の盛り合わせ!
右上から、こしあぶら、のびる、木の芽、茗荷たけ、こごみ、たらの芽、こしあぶらの下に竹の子、
それに木の芽味噌をちょいと付けて・・・・
辨天娘のあれや、ジュウジアサシのこれやの、あぁ~燗酒に合うのだぁ~!
税込み500円、(その日に獲ってきたもので内容は変わります)




ってそれは山菜の宣伝ですか?

  はい、そうです!

なぁんだ、つまんない!


それでは本文へ、

隧道の天井は低いところで私の頭が当たってしまいます、しかも明かりは無く出口と入り口だけしか確認出来ません、
皆様、心持腰をかがめて歩いて行きました、

隧道の向こうは、滝の音も無くまるで別世界です、
最初に目に付いた物はこれです、
落書き?
道案内?それとも落書き?
書かれた木はなんだか迷惑そうな感じに見えました、

最初はなだらかな登坂で、吹く風も心地良く、花々を愛でる余裕もありました、
山つつじ遠 山つつじ

山つつじ?も今が盛りでしょうか?とても綺麗に咲き誇っていました、
他には、名前を知らない小さな花が足元でけなげに咲いていました、
名前は?2 名前は?
名前を御存知の方教えて下さい、(調べるのめんどくさい!)

時々、小さな橋があり、流れは、右に左に変わってゆきます、
橋の上の皆様
川2 川
川の水は澄み切って、冷たく、とても美味しそう、

歩いているうちに、杉の林は、いつしか広葉樹の森に変わり、
広葉樹達は秋に葉を落としこの時期、新芽の準備に取り掛かっていました、
葉っぱの無い木々のお陰でこの時期は青空を大きく見ることが出来ます、
ひと月後は、木々の葉も生い茂り気持ち良い木陰が出来ていることでしょう、

最後の橋を渡ったあたりから、道は蛇行し始め、傾斜も幾分急になってきます、
先ほどの余裕は少しづつ無くなって、段々と無口になってしまいます、

降りてこられる方にカタクリの状況を伺いながら、ゆっくりと登って行き、寂地山と右谷山の分かれ道へ、
この場所には沢山カタクリが咲いていました、
寂地山?右谷山?

そう言う訳で、この日はどちらの山にも行かないで、この場所で、カタクリの花を見ながらの昼食、
良く見れば片栗 片栗


そして少しだけ休憩を摂り下山です、
分かれ道からの景色
ふもとでは、満開の桜がとても綺麗で、疲れも何処へやら、
満開八重桜? 満開八重桜?2



この日の反省会ですか・・・・?

       さぁて・・どうだったでしょう?








スポンサーサイト
2010/04/30(Fri) | 山! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ibushiginkanzake.blog93.fc2.com/tb.php/262-078a2b4e
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。