スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
合同自主訓練?
今月19日は海の日で休日、この海の日に山へ行って来ました。
世師囲様がお誘い下さり、トミー様と三人で広島市内の武田山と火山(カザンではありませんヒヤマです)へ。

午前十時横川から可部線に乗り下祇園へ、そこから登山口までは住宅などが立ち並んでいます。
思っていたより距離があり、登山口までに、かなりの汗をかきました。
武田山登山口
降り続いた大雨の影響で道が悪いのではないかと心配していましたが、
綺麗に整備された山道はとても歩き易く管理してくださっている方々に感謝です。
フヮイトーイッパァーツ
とは言え所々にこんな難所もあり用心深く歩きました。
空は薄く雲がかかっていて日差しは柔らかく助かりました、
欲を言えば風があればもっと良かったのですが。

最初に目指した武田山には途中何箇所かに史跡があり退屈しません。
馬返し看板 御門跡看板 銀山城跡看板



馬返しで最初の休憩を取り頂上を目指します。
程なく頂上へ、ここからの眺めは広島市内の南、東、北が良く見渡せ、
いつも生活している場所の位置などを確認出来楽しめました。
武田山からの景色南側
遠く矢野の町並みや江田島も確認出来ます。
武田山からの景色東側
深川、可部の一部もはっきりと見えて、ここから見渡せば私達の街も小さく見えます。
この景色を眺めながら昼食を食べタップリ休憩!
2.5ℓ持って来た水、気が付くと残り0.5ℓ!
まだこれから火山へ行くと言うのに・・・・不安・・!
明らかに呑み過ぎです!  ここから先はチビチビ飲めば、まぁ何とかなるなど考えながら出発!
武田山から少し下ったところに弓場が有り、勇ましいトミー様は弓に挑戦、
弓場跡表示石 弓を引くトミー 弓をかまえるトミー
ヨッ!トミー様、カッチョエエ!
しかし!竹が腐敗していて、この後、バキッ!弓は鈍い音を残し無残な姿に・・・・

我々は見なかった事にして、先へ進んだのでした。

そういば、山に登ると沢山、名前も知らない花に出会うのですが、この日は花の姿を見かけませんでした、
その代わり、沢山のキノコ達に出会いました、ひょっとしたらここはキノコの山?
平たい茶色キノコ 白キノコ2 背高丸焦げ茶キノコ 茶色デカキノコ 茶色キノコ小三つ 足長赤茶色キノコ 赤茶色ひび割れキノコ 傘薄の茶色キノコ 黒キノコ 丸焦げ茶キノコ パンみたいなキノコ
これらはほんの一部です、勿論名前など知りません、
もしかしたら美味しいかも?夏休みの自由研究のネタになるかもね!

山歩きのキャプテン様が居て下されば、何か教えて下さったかも知れないのですが・・・?
今度教えてもらおっと!

そうそう、三度も蛇に出会いました、その内の一匹は立派なマムシ!
二匹はシマ蛇、どの蛇も大きかった、
これから山へ行かれる方は蛇に注意です。

武田山をしっかり下り、今度は登って行きます、
折角登ったのにしっかり下りセコイ私は何だか損した気分!

登りに差し掛かる頃、薄曇の空は晴れ強烈な日差しがジリジリと私達を炙ってくれます、
喉は渇くし・・・残りの水は僅かだし・・・・
この日初めてバテたと心の底から思いました、

登り坂は長く険しく感じ、中々頂上へたどり着きません!

次第に口数も減り景色さえ楽しめない状況の中、
意外にあっけなく頂上へたどり着きました。
火山看板


無風の山頂の少ない木陰で一休み、残り少ない水をチビリ、チビリ飲み、
やっと景色を眺める気持ちに成りました。
こちらからの風景も中々のもので、しっかりと楽しむ事が出来ました。
火山からの景色西側 火山から見る西風新都
しばらく休んだら、後は下るだけ、
ふもとへ下りたら水をゴクゴク飲んでやる!

目指すはアストラムライン大原駅、

道はゆっくり下り続け、左右は雑木林で代わり映えしない景色、
車が行き交う音ははっきり聞こえるけど見えない、水も無い!

遠く離れた所に畑を発見、ビニールハウスもはっきり見える、
そして高速道路も、さあ!水を飲むぞ!
高速道の下を潜り自動販売機へ!

水の有難さを痛感した一日でした。

水だけではなく、日頃、簡単に手に入れる事が当たり前と思っている物、
それを手に入れる事が困難と感じた時の心細さ、
そして手にした時の有り難さと喜びを改めて感じる事が出来た一日でした。

お誘い下さった世師囲様、有り難う御座いました。

そしてアストラムラインで大町まで行き、可部線に乗り換え、横川へ、
この日の反省会は焼肉とビールでしたとさ。

スポンサーサイト
2010/07/22(Thu) | 山! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ibushiginkanzake.blog93.fc2.com/tb.php/278-4f16e2ed
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。