スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
京都・・・
美味しく楽しかった京都夜も明け、二日目です、

去年に続き今年も詣でました、伏見稲荷神社、

参道の途中で朝ごはんです、

確か去年もこのお店で朝食を頂きました、
お店の名前など覚えていないのですが、間違えなく同じお店、
去年と同じ青年が店先で鶉と雀を丁寧に焼いています、

そして注文したのも同じ、玉子丼!
一人を除いて、皆様玉子丼!!
この玉子丼、一見なんの変哲も無い玉子丼なのですが、

ふわふわの玉子には上品なお出しの味がしっかりと、
ついていると言うより玉子からにじみ出る感じ、
軽くご飯と混ぜると、優しい玉子かけご飯のような、
どんぶりの底に汁が漂うなど下品な振る舞いも無く、
穏やかに最後の一口まで楽しめます、
今度オイラもあの玉子丼作ってみよっと!





朝食卵丼 雀と鶉 鶉焼き風景 朝食風景


お腹を満たした一行は、お稲荷さんへ向かいます、

伏見稲荷門 伏見稲荷手洗い

立派な朱塗りの御門を潜り境内へ、左手、右手、そして口を清めます、
朝の水は身を切るように冷たいのですが、なぜだか気持ち良かったりして、


こちらの おみくじ の引き方も面白く、
六角柱の入れ物を振り数字が書いてある棒が一本出て来ます、
その数字を巫女さんに告げおみくじを頂くのです、

六角柱を振り回す姿は何処か真剣で少し照れも入り見ていると面白いのです、
クジ引き牛原さん クジ引き吉井さん クジ引き吉井さん2
何番でした?   二十六番だ!
良いおみくじ貰えるといいですね。

伏見稲荷を後にして、私と私の保護者は、申し訳無いのですが、別行動させていただきました、

皆様と別れ向かった先は、清水の茶碗坂、そこにある澤村陶哉先生の元へ、
澤村先生は清水焼の作家さんで、とても素敵な器を生み出されています、

一昨年の春、白鴻(はくこう)の盛川様に紹介していただいてからのご縁です、
実は、譲って下さった、杯を欠けさせてしまい、金接ぎをしていただくために伺いました、

突然の訪問にもかかわらず、しっかりとお話出来、楽しいひと時でした、

澤村先生のお話は、今度気が向いた時にでも・・・・・

茶碗坂を後にして、再び皆様と合流、昼食をご一緒させてもらいました、

お昼ごはんは、(いなせや)さん、以前、坂本様が働いていらっしゃつたお店です、

坂本様は以前、夢庵(むうあん)というお店をやってらっしゃったのですが、
今は、長野県の白馬近くでご活躍と聞いています、また何処かで一緒に飲みたいなぁ!


いなせやさんのお昼は、
麹蓋の中に小鉢が沢山入っていて楽しい気分になれます、
いなせ屋昼食
とてもヘルシーですが、満足出来ました、

お腹を満たすと眠たくなるものです、
どんな所でも直ぐに眠ってしまうTOさん、気が付くと深い眠りに落ちていました、
眠る田尾さん色 いなせ屋入り口 いなせ屋看板

美味しい昼食で心もお腹も満たした一行が次に向かったのは、
北大路、こちらの大徳寺さんの見学、
流石、京都は神社仏閣が沢山あり、今度はじっくり見学して回りたいですぇ

こちらのお寺もしっかり見学させてもらい、
その帰り道、これまた素敵なお漬物屋さんが、

しっかり試食させてくれる上、美味しいお茶まで、
すごく寒かったこの日、暖かいお茶は嬉しかったです、

漬物大こう看板 漬物試食2 

しっかり試食して、しっかりお買い上げ!
美味しく少し変り種のお漬物ついつい買ってしまいます。


お土産も色々購入したし、そろそろ広島へ向かわなければ、

てな事で、美味しく楽しかった京都を離れ現実が待っている広島へ帰って行ったとさ、

おしまい、



ちょっとおまけ、
鴨川昼 鴨川夜


昼と夜の鴨川の風景・・・・・それがどうしたって?

                只それだけさ!














スポンサーサイト
2011/01/18(Tue) | 旅? | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ibushiginkanzake.blog93.fc2.com/tb.php/312-afd5f3d8
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。