スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
楽しい、道草1
私の母方の実家は、山口県の厚狭にあります、
墓参りに行って来ました、
高速道路で行けば、2時間かからないのですが、
私は、高速道路が少し苦手です、
速度恐怖症ではないのですが、
面白そうな物を発見すると、そこに行かなければ気がすまないのです、
しかも、新しい道では無くて、なるべく昔の道を通ります、
そして偶然、発見して今も、お付き合いさせて頂いている、
酒蔵さんが周南市に有ります、

中島屋さんです、主銘柄は、寿(ことぶき)で、結婚式には出てきても、絶対にお葬式や通夜などには登場する事は無い、縁起の良いお酒です、
20070502023449.jpg


そして、この蔵は、蔵元さんが杜氏さんで、本当、楽しんで酒を醸していらっしゃる、
蔵の中は、綺麗ですが、
実は、近代化していない?蔵です、
例えば、甑(こしき)は、木製で中央の駒は自作、
放冷機(蒸した米を早く冷却する機会)やエアシュウター(蒸した米を空気で必要な場所に運ぶ装置)や、
ヤブタ(メーカー名で巨大なアコーデオンみたいな物で、お酒を搾る機械)などは、見当たりりません!

極めつけに醪のタンクを冷やす、ジャケット(タンクの周りに冷却水を循環させたりして醪の温度を管理する装置)なども見当たりません、

どこの蔵も温度管理しているのに、何故しないのですか?
と尋ねたところ、
杜氏さんの答えは、こんな感じでした、


『少し前にはそんな機械は普通には無かった、でも酒は出来ていたのに
そう言った物が無ければ酒が出来て来ないと言うのは変ではないか?』
 
確かに、そんな事言われると、説得力が有ります、

そう言えば、電気が無い時代でも、それなりの料理は、有ったはずだし・・・
冷却装置が無いと酒が出来ないと言う理屈は、可笑しいよね、っと一人で納得したことが、五年前の出来事です、
 
そして去年から、こっそりと生酛(キモト)、も造っていらっしゃり、
火入れ後にタンクの中で熟成させて、飲み頃になるまで待つらしい、
やはり酒は、ある程度の熟成が必要だともおっしゃってました、
20070503035700.jpg


もちろん温めて呑むと、とても良い感じです、
穏やかだけど、しっかりした酸が有り、程良く柔らかい、苦と渋が食事を美味しく感じさせてくれます、余韻は、短いけれど軽く焦がした黒糖とナッツの様なコクが、口の中を幸せにしてくれます、

やはり温かい酒(熱い?)は、楽しいですね。
スポンサーサイト
2007/05/03(Thu) | 日本酒 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
----

私も高速苦手派なので極力一般道を使います。
師匠同様、道中寄り道が多いです。しかし、鼻が
利かないのか?師匠やmaze様の様になかなか
逸品出会うことがありませんねー。もっとアンテナ
を強化せねば・・・。

中島屋は良いですねー。機械化していなかった
なんて知りませんでした。機械化していなくても
山口一旨い酒(世間が狭い私の知っている範囲
での一番ですが・・・)ができるんですから、他は・・・
(止めておこう)。
まあ、いずれにしても考えがブレないところが良い
ですね。飲み手として安心できますね。
あっちフラフラ、こっちフラフラ、あらら!どっち向いて
行きんさるんかいの〜!みたいなところと違って。
(いかんいかん、毒が・・・。)
by: SUISUI * 2007/05/03 08:33 * URL [ 編集] | page top↑
----

山口は他にも美味しい酒有りますよ、
楽しい道草2にでもかきましょうかねぇ!
勿論、煮て良し、焼いて良し!
by: 小牧です * 2007/05/04 00:42 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ibushiginkanzake.blog93.fc2.com/tb.php/36-da99ab88
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。