スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
新しいって・・・素晴らしい!?
皆様お久しぶりで御座います。

すっかりサボってました。
思えば、この一ヶ月、色んな楽しい事がありました!

挽きたて、もぎたて、淹れたて、焼きたて・・・・・「たて」が付くと何だか魅力的?

あまり魅力を感じない「たて」はお酒は搾りたて!位でしょうか?
まあそれはそれで良いではないか?

今回は、なんと・・・・一月前の出来事!

新蕎麦の打ちたてを、竹鶴の生モトと楽しむ会!!

15蕎麦jpg15jpg.jpg












北広島町(旧豊平)から佐川さんをお招きして、
打ちたての蕎麦をしっかり楽しもう!
その上、竹鶴酒造の石川杜氏と生モトのお燗も!

思えばなんと贅沢な企画でしょう?



朱塗りの大きな鉢に蕎麦粉を入れ、お水を少々加え練っていく、
パラパラの粉はやがてシットリとした一つの塊に・・
更に練りこんでゆく、表面に美しい光沢をまとった蕎麦の塊が出来上がる。
あっと言う間の出来事である。

その塊は朱の鉢から木の板へ舞台を移す!

そこには、太さ、長さの異なる三本の麺棒が蕎麦の到着を待ち構えている、

舞台の中央に置かれた蕎麦の塊は麺棒によって、少しずつ薄くなってゆく、

まるで蕎麦の塊に意思があるかの様に薄く薄く・・・・

最初は丸く、伸びていた塊は、やがて長い四角い一枚の蕎麦へと姿を変えてしまう。
ベットメークの時の真新しいシーツを連想させてしまうほどである。

丁寧に畳まれた蕎麦は添え木をされ、そしていよいよ
私達が見慣れたあの蕎麦へと変わっていきます、

毎年の事ですが、佐川さん、お見事!

15お品書きjpg











この日のお品書きです。
蕎麦前のご馳走の数々はどれも美味しく、竹鶴のお燗との相性は最高!

楽しい宴も終盤に差し掛かり、

大きな鍋で、あの蕎麦が茹でられていきます。

冷水にさらされ、笊の上へと盛り付けられた蕎麦、
その香りはすっかり酔っ払った私達でも十分に楽しめました。

蕎麦湯も美味しかった!

それから・・・今回は、
東京で修行された、ご子息様のスイーツ付きです。
普段、そんなに甘い物を口にしない私でも、とても美味しくいただきました。
15スイーツ
15スイーツ2












今回、参加して下さった皆様、
美味しい蕎麦を振舞って下さった佐川様ご夫妻、
石川杜氏、
有難う御座いました。
掛け替えの無い素敵な時間でした。










スポンサーサイト
2011/12/09(Fri) | 楽しい企画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ibushiginkanzake.blog93.fc2.com/tb.php/370-6868c9e2
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。