スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
初心・・?
先日の話です。
鳥取県へ行って来ました。
私が日本酒を主に扱う居酒屋をやり始めるきっかけを下さった『酒屋乃えんどう』さんに会うために。

居酒屋を始める経緯は随分前にブログに書いたと思うので省略。

25DSC_0023.jpg


これが私にきっかけをくれたお酒です、名前は『いぶしぎん』 私の店の名前もここから頂きました。
私がその酒に出会った当時、島根県の大王酒造さんが醸していらしたのですが 諸事情により現在は鳥取県の大谷酒造さん(鷹勇さん)が醸しています 『酒屋乃えんどう』さんのオリジナルブランドです。

そう言えば いぶしぎん 開業当初、社長(奥様)は、お燗酒を主力商品にする事をとても嫌がっていました。
その頃といえば、焼酎ブームの走りでこれからブレイクする!そんな時代でした。
しかし社長が嫌がるのはそんな事ではなく。仕事が増える!という理由からでした。
今では燗をつける事を楽しんでくれとても美味しい燗をつけてくれて私も安心しています。

その当時は『燗を主力にするのなら店の手伝いなど止める!』 などと毎日の様に脅迫されてた事も今では良い想い出です。

何故?燗酒を毛嫌いしていたのでしょう?

その理由はズバリ めんどくさい!

その気持ちも理解出来ます、何故なら ひや酒は水をグラスに注ぐのと変わらない仕事量です。
それに比べ間酒は手間も提供時間も何倍にもなってしまいます。
その上 場所も取り, かけなくて良い光熱費まで発生します。

出来るだけ楽をして金儲けするなら 冷やした酒をグラスに注ぐだけが一番です。
更に言えばグラスの下に受け皿や枡等を置きその上のグラスになみなみと酒を注ぐと計量の手間さえも省けます。
徳利や方口で杯や猪口等で さしつさされつ 等とシェアしながら飲んでもらうより、
これは私の分、それはあなたの分、酒をシェアすることも無く 一人ひとりが一つ飲んでもらえれば売上は倍増!

同じ値段で酒を売るなら燗酒なんてやってられない!!面倒だし!!

なんて・・・当時は毎日 不機嫌になってたなぁ~

あっ! これをお読みになった皆さん、勘違いしないで下さい、私は冷酒やひや酒がダメ!だなんて思っていません。
どんな温度でも美味しく飲める。
気分や合わせる料理で温度を変えてみるのも楽しいでしょ?

ただですね・・・・冷やさなければ飲めない!
          燗にすると味わいがなくなる酒!
          料理酒として使う事も難しい酒!
          低温で保管しなければ品質を保証出来ない弱い酒!

これ等はどうなのかなぁ~????  って思ってしまいます・・・・

数年前からですが。注文を受けた酒の半分はそのままの温度で、もう半分は燗酒にして 味わいや風味の違いを楽んでもらえる半分飲み比べも文句も言わずやってくれてます。
有り難い事です。

そう言えば もう少しで開業十五年 皆様のお力添えで無事迎えられそうです。
心から感謝しています 有難う御座います。

スポンサーサイト
2015/02/04(Wed) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2015/02/25 22:21 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ibushiginkanzake.blog93.fc2.com/tb.php/408-7ea66903
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。