スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
呑んだお酒は・・?
石川杜氏のお宅で、誠のびしょ鍋をした話の続きです、

乾杯は、掛○様のお持ちになられた、ドイツのビール、
この日、私は、ビールは飲まないで、酒だけ(煮酒)にしようと、
心に決めていたのですが・・・

見たことも無い瓶が・・

意思の弱い私は、早速グラス片手に、かんぱぁ~い!

やっぱり旨い!
旨いビールは、あまり冷やさない方が、香りも味も良い!!

そして遂に、お酒の時間に、
まずは、竹鶴純米濁り、しかも上澄みだけの煮酒で・・・
石川家の燗は、深鍋にお湯を入れ、片口に酒を入れ鍋に蓋をして
火力は全開!
20070808023242.jpg


可愛そうに、これでは酒も窒息です、なんちゃって!

この窒息燗は、中々の優れもので、
せっかちな、我々も待つこと無く、次々と煮酒にありつけるのです、
お燗番は、竹鶴の蔵人のサクランボさん!
とても旨い煮酒を提供して下さりました、
一升瓶の上澄みばかり、次々と煮て行き、
遂に濁った所に到達しました!

ここで、この濁り酒とは、しばしの別れです、
勿論、私は、とても良い心持ちです、

次は、私が持ち込んだ、
小笹屋竹鶴の宿根雄町11BY、常温放置熟成
これが又、流石、竹鶴、
老ねた感じは、全く感じないし、
それどころか、味のバランスが良く、優しいふくらみが・・・
少し甘く感じたのですが、お米の力を感じました、

秒殺レバーとピーマンとの相性が、抜群でした、

その次は、馬笑九師匠が持ってきた、合鴨(門藤夢様)
これも又、懐かしい、しかも常温放置、
13BYの八反錦、(実は、訳ありの米)
お味は、まだ若さを感じる酸が有りましたが、
苦・渋を程よく感じました、
香りは、ほのかに少し炙ったココナッツで、
勿論、鍋との相性は、◎!

20070808031029.jpg


20070808031304.jpg


そして、おやっさんの、必殺、爆弾酒!生!


20070808031445.jpg


この酒の味を、良く覚えていないダメ人間です!
ご機嫌で、呑んでたので、旨かったはずです。
(感想書けなくて・・・すみません、多分この後の・・・のお陰で記憶が・・・?)


そして遂に、あの、秘密兵器が登場、
お別れしていた、濁りの濃いやつと私達は、再会しました、
今度は、煮ないで・・・
グラスに、おやっさん自ら注ぎ分けて下さり、


20070808032133.jpg


皆様の手元に無事到着、

そしてたった1本の炭酸水を6人のオヤジ達が分け合ったのです、

あの、濃い濁りの中へと、

最初は、恐る恐る、少しだけ入れてみました、
爽やかな酸と旨み、が口の中へ・・

もう少し炭酸を注いでみると・・・・


これは、大変!!
もう、呑めそうも無い位な状態の私が、
ゾンビみたいに蘇ってしましました、
口が、喉が、胃袋が、さっぱりするのです、


お子様をお持ちで、、夏休みの自由研究で、お悩みのお父さん、
竹鶴の濃い濁りと炭酸水の割合の味の変化
何てぇのはいかが?(先生に叱られる!)


広島へは、勿論最終列車で、

石川杜氏楽しい、ひと時を有り難う御座いました、
何もかもお世話になりっぱなしで申し訳ございません。

鉄板を購入して、
うちの店でも、由緒正しい、びしょ鍋コースやりますよぉ!


スポンサーサイト
2007/08/08(Wed) | 日本酒 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
コメント
----


「降参、降参!」っていう会でしたねー。

楽し過ぎて???いやー!ほんと幸せでした。
※何度でも同じ事を言います!

お酒の飲み方もちょっとした閃きで楽しみ方が拡がるという事を体験できたのは大変有意義だったと思います。
自由な発想なんですねー。
※もちろん、基本を大切にした上でですが???。

熟成酒にも改めて驚かせて頂きましたし、最高の体験でした。

最後まで居る事ができなかったのが、唯一の心残りでした。

皆様に感謝です!


by: SUISUI * 2007/08/08 07:25 * URL [ 編集] | page top↑
----

あ〜! うらまやしい?? うらめしい???
いや うらやましい・・・。

私も「もう降参」とか、「楽しすぎ」とか「最高!」とか・・・いじめて欲しい。っとそんな気分です。
by: maze * 2007/08/09 07:16 * URL [ 編集] | page top↑
--でらうま--

石川邸での「びしょ鍋パーテー」は、本当に楽しく夢の様な時間でした。

石川杜氏のお父上が考案された鍋に、石川達也氏の「バードランド」エッセンスが少し注入され、更にグレードアップされたスペシャルな鍋でしたね〜。

お酒も「窒息燗」という新たな拷問!ダメだこりゃ〜。
by: 西条秘密クラブ * 2007/08/09 18:03 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ibushiginkanzake.blog93.fc2.com/tb.php/61-2fe2e53f
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。