スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
とてもハードな二日間!其の壱
つい先日、安浦の盛川酒造さん(白鴻)の『呑切り会』にグリンピア安浦へ行って来ました、

東京や群馬、茨城からいらしている方を含めて21名、
流石に皆様勉強熱心な方ばかりで、大変良い刺激になりました、

社長と杜氏さんの挨拶、蔵についての説明の後、
44種類の利き酒をしました、
20070923031911.jpg
  (挨拶中の盛川社長)

個人的には、50%~65%精米の純米の中に好きなお酒が集中してました。

中でも千本錦60%18BY(まだ当然若いけれど、もう少し熟成すれば旨いお酒になると感じた)や

無濾過生の雄町60%17BYと火入れ雄町17BYは、(食べ物と良く合うと思った)

普通酒に関しては、全体的に口に入った瞬間、味を感じないけれど、少しすると、無理やり不自然な旨み?が出てきて、しばらく・・・・な味が・・口に残り・・・!
やはり、このタイプのお酒は、苦手です。

盛川酒造さんの『呑切り会』では、利き酒の最中も
気になったお酒を燗にしてくれて、
蔵元さんの燗酒に対する思いが伝わってきました、

利き酒は、何だか、顔の上半分だけジワリと酔う感じがして、
あまり好きではないですが、

『このお酒、あと1~2年経つと面白いだろうとか、
燗にするとあんな物やこんな物と相性が良いかな?』
とか思い浮かべながら進めると少しは楽しめたりもする、
けれど・・・これを仕事にしておられる方は大変だと、
利き酒するたびに感じてしまいます。
20070923040246.jpg
 (質疑応答中の杜氏)

苦手の利き酒が終わり、
いよいよ、懇親会、酒は、やっぱり、美味しい食事と一緒じゃないと
楽しさの半減しますよねぇ!!

20070923041135.jpg

とても美味しい宴会料理と、
20070923041235.jpg

ずらりと並んだお酒達、勿論、気になったお酒は、煮酒に・・・

20070923041417.jpg
 蔵人の和田さんが楽しそうに燗を付けてました、とても美味しく煮て下さって、有り難う御座いました、盛川酒造さんのお酒、これからが、益々楽しみな蔵だと改めて思いました。

スポンサーサイト
2007/09/23(Sun) | 日本酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ibushiginkanzake.blog93.fc2.com/tb.php/66-97433c10
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。