スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
酒蔵見学はやめられない!
今回の休みも、酒蔵へ・・うちのかぁちゃんは、もう呆れ顔です、
今回は、山口県周南の中島屋へ、西条のやばい酒屋掛○御夫妻、そして、危ない酒飲ミニストS様、
と私の四人で行って参りました、掛○様のお車で、
蔵へ到着すると、杜氏さん(社長様)が、生酛の酒母へ、案内して下さって、
しかも、味見まで・・
生#37211;酒母

生酛の酒母です、中に入っている物は、暖気樽と言って酒母を温めて、醗酵を促す物、
そして、お味の方は、しっかり乳酸醗酵も終わり、酵母を添加されて、沸いてきたばかりだと言う事で
まだピリピリとした感じは無く、まったりとした甘さと酸っぱさの混じった少し大人の甘酒と言う感じかなぁ?

次に、醪のほうへ・・・
どのタンクも、個性の有る香りを放ち、その香りを嗅ぐだけでも楽しい気持ちになりました、
中の一つ(大吟醸)に今までどの蔵でも感じた事の無い、初めての香りが有り、
何とも表現出来ない香りでした、
私は、何故か、紫色が頭に浮かびました、(何で色を思い浮かべたのか?)
そして、醪のお味は、(純米)やんちゃな酸がまだまだ暴れてはいるものの、
キレが良く、苦渋を喉の奥に感じるけれど、嫌味無く、スウッとお腹に落ちて行く感じ、
どんなお酒になるのかとても楽しみです、
醪をすくう杜氏

写真は、醪をすくって下さっている、中村杜氏、

この後、室へ行き、出麹(麹が仕上がり室から仕込み蔵や酒母室へと行く前に品温を下げ
乾燥させる)のお手伝いをさせていただきました、
体験すると、麹蓋から麹を落とすのもコツが要り中々難しい事が分かりました、
それから、麹がどのようにお米についているか?
ガラスの容器に入れて、下から明かりを照らし見せて下さいました、
下から明かりを照らすと、麹が付いた所は、黒く、
付いていない所は、少し透き通って見えました、
蓋麹

どの工程も、見た目よりもずっと大変です。
そしてこの後に、種着け(麹をお米につける)も体験させてもらい、少し緊張しました、
掛井さん種着け

たねつけ、した後、床モミするなんて、何と官能的な、石○杜氏のおっしゃる通りこれは、エロスです、
室の中の温度は、約40℃で、種着けするお米は、ヒンヤリと感じます、
しかし、温度を測ると?
品音30℃

約30℃も有り、驚きました、
と言う事で、この続きは、又、明日、(実は、睡魔が・・・・・)




スポンサーサイト
2008/02/05(Tue) | 日本酒 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
コメント
----

先日はお疲れ様でした。前日に遅くまで営業されたにも拘らず、中島屋訪問団の団長をして頂き、有難う御座いました。
お陰で有意義な蔵見学(体験)に成りました。
また是非ご一緒して下さい。
by: 西条秘密クラブ * 2008/02/05 16:08 * URL [ 編集] | page top↑
--う〜っ--

ほんと楽しそう・・・。
by: maze * 2008/02/05 20:01 * URL [ 編集] | page top↑
--燗謝です。--

お陰様で遂に入ってはならない領域に足を踏み入れてしまった様な・・・。
と言いつつも、大変楽しい思いをさせて頂きましてありがとうございました。
厚かましくて恐縮ですが、またお願いしま〜す。
by: 危ない酒飲ミニストS * 2008/02/05 22:01 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ibushiginkanzake.blog93.fc2.com/tb.php/86-73bd68d8
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。