スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
そう言えば益田の酒蔵へ行ってました!
扶桑鶴蔵正面玄関

実は三月の半ばに益田の扶桑鶴さんへ行ってまして、
西条の危ない酒屋さん掛○さんのお車で・・・(いつも有り難う御座います、感謝しています)
お昼を少し過ぎたくらいに蔵へ到着!
専務の大畑様に軽くお話を聞こうと思ったのですが、お話がとても楽しく全く軽くでは無くなってしまいました、(いつもの事です)
蔵は、すでに甑も倒れ醪のお守りと搾り位になっていて、とても静でした、
扶桑鶴もろみ17号

残っていた最後の醪は純米60%だけでした、
蔵の中を見学していよいよ分析室へ・・
何だか見慣れない機械が有りました、
酵母培養マシーン

酵母を自家培養するための装置でした、
そして、いよいよ利き酒!
扶桑鶴利き酒

今年搾ったお酒や、現在出荷しているお酒が並んでいて、とてもウキウキ(この日は運転しなくて良いのです!)
お酒の前には水が流れていて、順番を待たなくても溝に吐けるのです、とても工夫されてました、
お酒の感想ですが・・・どのお酒も利き酒の途中で何か食べたくなる、そんなお酒達でした、
スポンサーサイト
2008/04/03(Thu) | 日本酒 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ibushiginkanzake.blog93.fc2.com/tb.php/93-ba08230c
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。